Recent Posts

WRC Acropolis Rally 2021 DAY3

WRC Acropolis Rally 2021 DAY3

 WRC Acropolis Rally 2021 DAY3 最終日は、サービス 

WRC ACROPOLIS RALLY GREECE 2021 DAY2

WRC ACROPOLIS RALLY GREECE 2021 DAY2

 WRC ACROPOLIS RALLY GREECE 2021 DAY2 DA 

WRC Acropolis Rally Greece 2021 DAY1

WRC Acropolis Rally Greece 2021 DAY1

WRC Acropolis Rally Greece 2021 DAY1

アクロポリス・ラリー・ギリシャは、1951年に初めて開催され、WRCには初年度の1973年からシリーズに組み込まれていた、非常に長い歴史と人気を誇るラリーです。2013年の大会を最後にWRCとしては開催されていませんでしたが、今年8年ぶりにカレンダーに復帰しました。ラリーは9日木曜日の午前中に、サービスパークが置かれる中央ギリシャの都市「ラミア」の近くで、全長4.25kmのシェイクダウンが行われました。通常アクロポリスのグラベル(未舗装路)ステージはドライコンディションでの走行となることが多いですが、ラリーウイーク前半のレッキ(ステージの事前下見走行)の段階から降雨が続き、ステージの多くの区間が泥状に。シェイクダンのステージも同様に雨でぬかるみ、非常に滑りやすく難しいコンディションでした。

その後、選手たちはラミアから約200km南東に離れた首都アテネに移動。アクロポリスの丘にそびえるパルテノン神殿の下で夕方5時半からセレモニアルスタートが行われ、その直後にアテネ中心部のシンタグマ広場で全長0.98kmのターマック(舗装路)のオープニングのSS1がスタート。

翌日の朝から本格的なグラベル(未舗装路)ステージでの戦いがスタート。アテネを起点に、5本合計89.40kmのステージが日中のサービスを挟むことなく行なわれました。舞台となったルートラキ周辺は好天に恵まれ、気温は日中30度程度まで上昇。路面コンディションはドライとなり、出走順が早い選手達にとっては不利な走行条件となりました。

路面には滑りやすい砂利や石が散乱し、それを掃き飛ばしながらの困難な走行となり、出走順が早い選手にとっては不利なコンディションの中、SS3でベストタイムを刻んだロバンペラが総合1位に順位を上げ、さらにSS4でもベストタイムをマークしてリードを守りました。

SS2終了時点で総合3位につけていたエバンスは、SS3でギヤチェンジに関するトラブルに見舞われ3速しか使えない状態となりタイムロス。

またヒュンダイのヌービルは、朝のスタート時点から電気系統のトラブルに見舞われ、さらにパワーステアリングにも問題が発生。タイヤフィッティングゾーンで問題に気が付き修復を試みましたが時間が足りず、サービスが無い中、残り2ステージを前に復旧完了。今日はドライバーというよりもメカニックのようで、最終的にマシンを復旧出来た事を誇りに思うと振り返りました。

Kalle Rovanperä 

とてもいい一日でした。朝最初のステージは少し慎重に走りましたが、その後は少しずつプッシュできるようになり、楽しんで走ることができました。路面は非常に難しいコンディションで、自分の前を走る予定だった選手達が後退し、途中で出走順が2番手になって以降は、かなり多くのルーズグラベルを掃き飛ばしながら走らなければなりませんでした。ドライになった今日の路面は、予想を越えるコンディションでしたし、二回目に走ったステージは本当に荒れていたため、クルマとタイヤをケアしながら走る必要がありました。明日は、今週前半にレッキをした時とは天気が大きく異なるので、今日とは全く違う展開になるかもしれません。1本のステージはほぼ深い霧の中でレッキを行いペースノートを作成したのでとても大変でしたし、グリップが変化する場所が増えたり、湿っている場所が変わっているかもしれません。 

1 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota Yaris WRC) 1h01m57.1s
2 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 Coupe WRC) +3.7s
3 Sébastien Ogier/Julien Ingrassia (Toyota Yaris WRC) +3.9s
4 Dani Sordo/Candido Carrera (Hyundai i20 Coupe WRC) +23.9s
5 Adrien Fourmaux/Renaud Jamoul (Ford Fiesta WRC) +54.2s
6 Gus Greensmith/Chris Patterson (Ford Fiesta WRC) +1m23.3s
7 Marco Bulacia/Marcelo Der Ohannesian (Škoda Fabia Rally2 evo) +2m40.9s
8 Andreas Mikkelsen/Elliott Edmondson (Škoda Fabia Rally2 evo) +2m46.3s
9 Chris Ingram/Ross Whittock (Škoda Fabia Rally2 evo) +2m52.7s
10 Kajetan Kajetanowicz/Maciej Szczepaniak (Škoda Fabia Rally2 evo) +3m03.1s

デイ2は、ラミアのサービスパークを中心に、日中のサービスを挟んで6本のステージが行われます。そのうち「パヴリャニ」と「エレフテロホリ」は各2回走行し、残る2本のステージはそれぞれ1回のみの走行となります。6本のステージの合計距離は132.56kmと4日間で最長。リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は450.38kmとなります。 

WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day3

WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day3

  WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day3 デイ3は 

WRC Ypres Rally Belgium 2021 DAY2

WRC Ypres Rally Belgium 2021 DAY2

  WRC Ypres Rally Belgium 2021 DAY2 デイ2は 

WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day 1

WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day 1

WRC Ypres Rally Belgium 2021 Day 1

ベルギーは、これまで1度もWRCを迎えたことがありませんでした。しかし、長い伝統と人気を誇るターマック(舗装路)イベントの、イープル・ラリーが今年初めてWRCに昇格。13日(金)はまず午前中にシェイクダウンが行われ、午後から競技が始まりました。本来は4本のステージをサービスを挟んで各2回走行する予定でしたが、1日の最後のSS8は安全上の理由によりキャンセルに。そのためステージは7本合計125.89kmとやや短くなりましたが、それでも3日間で最長の1日でした。 

イープルのステージはその多くが農道であり、高速ながら道幅は狭く、直線とジャンクション(交差点)が続く特殊なターマック・ラリーとして知られています。トヨタのドライバーは全員このラリーへの出場経験がなく、未知なるステージへの挑戦の1日となりました。天気は1日を通して良く、競技開始時点の気温は約22度。ステージは終日ドライコンディションが保たれました。乾いた路面の表面にはダストが多く積もって非常に滑りやすい状態でした。

地元の英雄であるティエリー・ヌービルとマルティン・ワイダエッヘがペースを上げ、金曜日のステージで好成績を残しました。ヌービルが1位、クレイグ・ブリーンが2位となった。オット・タナックは、予定されていた8つのステージのうち7つのステージを終えて、ヒュンダイの暫定1-2-3を達成した。ヒュンダイi20クーペWRCは、最終テストのステージでは観客の問題によりロードモードで走行しました。

Thierry Neuville

“今日、クリーンな走りができれば、トップに立てることはわかっていました。もちろん、経験がものを言うし、マシンも好調だったが、初日を終えてトップに立てたことは良かったと思う。リスクを冒さずに良いリズムを保つことを心がけ、すべてがスムーズに進みました。午後の目標は、またクリーンな走りをすることでした。ペースノートがチェックされていたことと、グラベルクルーが良い仕事をしてくれたので、安心して少しずつプッシュしてリードを広げることができました。3つのステージで7秒台まで上げられたのは素晴らしいことでした。最終ステージでは観客の皆さんと一緒に走りたかったのですが、残念ながらステージはキャンセルされてしまいました。これまでのところ、素晴らしいチームワークを発揮してきましたが、明日は厳しい試練が待ち受けています。”

トヨタ勢は、出走順が1番手のオジエ、2番手のエバンスにとっては理想的なコンディションではありませんでした。それでもエバンスは3ステージ連続で3番手タイムを記録。最初の4本のステージを終えた時点で、総合3位のライバルと0.8秒差につけていました。しかし、サービスを挟んで始まった再走ステージでは、前戦ラリー・エストニアでWRC初優勝を達成した20歳のロバンペラがペースを上げ、SS7でエバンスを抜き、総合3位と僅か1.4秒差の総合4位で1日を締めくくりました。また、総合5位のエバンスはロバンペラと0.8秒差、再走ステージで2番手タイムを記録したオジエはエバンスと6秒差の総合6位と、全ドライバーが表彰台を狙える位置につけています。 

またM-SPORT勢は、ケンメルベルグ・ステージ(23.6km)の高速セクションで、フォーモーは路面の汚れによってマシンのグリップを失い、空中で3回のピルエットを繰り返す目まぐるしいロールをした後、街灯にぶつかってしまいました。ドライバーとコ・ドライバーは無事でしたが、フォード・フィエスタWRCに大きなダメージを受けたため、ラリーは終了しました。

グリーンスミスとコ・ドライバーのクリス・パターソンは、序盤の両ステージで9番手のタイムを記録し、順調なスタートを切りました。第3ステージではペースを上げて7番手タイムを記録しましたが、9.4kmのZonnebeke(ゾンネベーケ)ステージでは、わずか200mほどで道路から滑り落ち、フランダース地方の農地を曲がりくねって走る道路に並ぶ、深くて容赦のない溝に落ちてしまったのです。彼は土曜日の朝にラリーを再開する予定です。

競技2日目となる8月14日(土)のデイ2は、サービスパークの南側を中心に、4本のステージを日中のサービスを挟んで各2回走行します。そのうち、オープニングのSS9とその再走ステージであるSS13「ホレベーケ」は、今大会最長となる全長25.86kmのステージです。8本のSSの合計距離は119.92km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は310.37kmとなっています。 

End of day one (Friday): 
1 Thierry Neuville/Martijn Wydaeghe (Hyundai i20 Coupe WRC) 1h04m27.0s
2 Craig Breen/Paul Nagle (Hyundai i20 Coupe WRC) +7.6s
3 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 Coupe WRC) +31.2s
4 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota Yaris WRC) +32.6s
5 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota Yaris WRC) +33.4s
6 Sébastien Ogier/Julien Ingrassia (Toyota Yaris WRC) +39.4s
7 Takamoto Katsuta/Keaton Williams (Toyota Yaris WRC) +1m24.5s
8 Pierre-Louis Loubet/Florian Haut-Labourdette (Hyundai i20 Coupe WRC) +2m50.0s
9 Yohan Rossel/Alexandre Coria (Citroën C3 Rally2) +5m28.2s
10 Oliver Solberg/Aaron Johnston (Hyundai i20 N Rally2) +5m44.9s