<9/1更新>ラリージャパン2010観戦ガイド

Pocket
LINEで送る

観戦初心者の方も多いと思いますので、観戦ガイドを作って行こうと思っていますw
内容は至らないところが多いとは思いますが、随時更新していきますのでよろしくお願いします!


0.おおまかなラリーの進行について
ラリーはF1と違って総てのマシンがいっせいのせで同時にはスタートしません。3日間、各Dayのスタートリストの順番に、決められたコースを、各選手毎決められた時間に走行していきます。そしてSSやSSSと呼ばれる競技区間では、タイムが早かった順に順位が決められますが、いくつかペナルティーが加算されるルールもあります。
ラリーのスケジュールはラリーガイド2に含まれています
1.ラリーガイドって?
まずは「ラリーガイド」自体、なんのこっちゃ?という方もいらっしゃるのではとおもいます。
ラリーガイドは参加者やメディア、それから観戦者に向けて、イベントの大まかなスケジュールや、エントリー方法、各ステージの場所等、ラリーの全体概要をまとめた資料です。
ラリーガイド1は暫定版で、8月12日に発行されるラリーガイド2が正式版になります。
我々観戦者はラリーガイドの情報だけでは不十分で、例えば駐車場の位置や駐車場からステージへの移動方法や時間は、別途公式サイトで公開される観戦ガイドで確認する必要があります
8/27修正 ラリーガイド2です
ラリーガイド2
2.サービスパーク
マシンの整備を行うサービスパークは「北翔クロテック月寒ドーム」に設置されます。SSSが行われる札幌ドームからは徒歩でも20分程度の距離だそうです。
各チームは朝パルクフェルメ(車両保管場所)からマシンを出して朝のサービスを行いサービスパークを出発。昼に一旦戻って昼のサービスを実施。そして夜のサービス後、マシンをパルクフェルメに入れて1日が終わります。
マシンがサービスを受けている間、選手はミーティングやメディアのインタビューなどの空き時間を利用してファンサービスを行ってくれる場合があります。ラリーでは運が良ければお目当ての選手がすぐ目の前に!
サービスパークレイアウト(pdf)
3.スーパーSS
ラリージャパンでは札幌ドームの中に特設コースを設置して、今年も2台同時走行のスーパーSSを行います。
2008年は外が雨で、路面がセメントっていうとても滑りやすいコンディションだったので若干迫力には欠ける面も……
また今年はサービスパークと場所が離れてしまったので、例年のように行き来してという事が難しいという事も。。。。
でも札幌から地下鉄でこれて、屋内で食べたり飲んだりしながら気軽にラリーカーの走りを楽しめるスーパーSSはおすすめです!
4.林道SS
ラリー観戦の楽しみはやっぱり林道SSの観戦と思います。でも初めてだといろいろと分からない事だらけだと思います。
まず基本的に公共のバスや電車での移動しての観戦は困難と考えて下さい。
クルマ(レンタカー含む)で指定の駐車場にクルマを止め、そこから徒歩、またステージによってはシャトルバスで観戦場所まで移動する事になります。
観戦場所は基本土の上で、斜面になっていたりする事も多いので、歩きやすい靴で、かつ観戦場所で腰を降ろせるように折りたたみ椅子などがあると楽だと思います。レジャーシートはあまり広げなければ。。。。
車移動が困難な方は、公共交通機関だけで観戦?もご参考に
5.リエゾン区間
選手も各ステージ間の移動は一般道をふつうのクルマに混じって走行します。
もし、クルマで移動中に競技車が後ろから来たら、できるだけ速やかに道を譲ってあげてください。
リエゾン区間で、交差点で信号で停止した時とかにサインをおねだりしたい気持ちもわかるんですが、リエゾン区間の走行時間も決められていて、先を急いでいる場合もあるので、節度をもってお願いします
あと、車道に出ることにもなるので、警官がいる場所では注意を受ける事になるかもしれませんし、事故に合わないようにくれぐれもご注意を!
6.レンタカー
マイカーで北海道まで行かれる方を除けば、大抵の方はレンタカーを利用してステージ間の移動をされるかと思いますが、例年、オフィシャルレンタカーとしてニッポンレンタカーがラリージャパン観戦パックを発売していました(今年はまだ不明です)
各ステージの位置がかかれた特製マップが付いてきたり、なかなか便利は便利です。そして、そのマップに書かれたコードをカーナビに入れるだけで、各ステージの駐車場まで案内してもらえます。
それから、ご存知の通り道内は高速以外の一般道でも速度が早いので、あまり小さい車を借りると、ちょっと大変かもしれません。
それから、林道ステージ駐車場の出入はダートになっている事もよくあるので、運転には十分ご注意ください
レンタカー手配ガイド
7.ラリーパーク
ラリーパークとは、地元の商工会等がリエゾンのコース沿いに地元の物産を販売したり、ラリーカーを展示したりと、いろいろなイベントをやりながら、目の前のリエゾンコースを通過するラリーカーを応援出来る場所です。
今年設置が予定されている場所についてはラリーパークについてをご参照ください
8.スペクテイターのコースの下見はご遠慮下さい
ラリージャパンが近づくに連れて、ラリーカーが走るコースを自分も!
っていう風に思って、自分の車で激走して、そのビデオをネットにアップ
される方を見かけます。
でも、ラリーのコースは主催者が轍を埋めたり整備して
本番に備えて準備しています。
何人もの人が勝手に試走してしまう事で轍が出来たり、
コースが荒れてしまう事が毎回のように起きていますので
絶対に自分の車でコースを試走するのはやめましょう!
9.セレモニアルスタートとセレモニアルフィニッシュ
ラリーではSS1のスタート前に、
プライベーターまで含め全チームを一箇所に集めて
ラリーショーと呼ばれる、まあサイン会を開催します。
お目当ての選手の行列にならんで、ぜひサインゲットに挑戦してみてください!
そして、例年はラリーショーの後、
1台づつ台の上に乗せて紹介しながらスタートしていく
セレモニアルスタートをするのですが、どうやら今年はそれは無いようです。
また、Day3の15:00〜月寒ドームでセレモニアルフィニッシュが行われます。
TVではトップ3がシャンパンファイトをしている所しか映らないのですが、
完走扱いになったチーム総てが台の上に登り紹介されます。
ここがF1等のレースとは大きな違いなので、
お目当ての選手が完走したらぜひ行ってみてください!
FAQ ラリーでサインをもらうには?
10.チケット
チケットについては観戦チケットについてをご参照ください
※これは主観も交えての記事のため間違いなどは今後直していきますのでご了承くださいm(_ _)m

投稿者: Editer