WRC Rally Argentina 2015 Final

Pocket
LINEで送る

181_MEEKE_ARGENTINA_2015

187_MEEKE_ARGENTINA_2015

136207_Evans04ARG15sv139

WRC Rally Argentina 2015 は最終日、有名なニナクラベロステージを2走し、シトロエンのクリスミークが自身WRC初優勝で幕を閉じました。
この日スタート後のロードセクションでラトバラにエンジントラブルが発生。初日にオジェに起きたのと同様、燃料系不具合で1気筒死んでしまうという症状で、最初のステージ途中でストップ、リタイヤ。
続く最終のSS12では、ミケルセンとヌービルが全く同じ場所で岩をヒットし、サスペンションを壊してリタイヤ。クリスミークは速度を落としてクルージング状態で安全にゴールまで。

1. Kris Meeke / Paul Nagle (DS 3 WRC) 3:41:44.9
2. Mads Østberg / Jonas Andersson (DS 3 WRC) +18.1
3. Elfyn Evans / Daniel Barritt (Ford Fiesta RS WRC) +3:27.4
4. Martin Prokop / Jan Tomanek (Ford Fiesta RS WRC) +6:26.1
5. Dani Sordo / Marc Marti (Hyundai i20 WRC) +10:46.7
6. Khalid Al Qassimi / Chris Patterson (DS 3 WRC) +11:19.9
7. Abdulaziz Al-Kuwari / Marshall Clarke (Ford Fiesta RRC) +16:02.6
8. Diego Dominguez / Edgardo Galindo (Ford Fiesta R5) +18:48.2
9. Gustavo Saba / Diego Cagnotti (Skoda Fabia Super 2000) +21:20.6
10. Federico Villagra / Diego Curletto (Ford Fiesta) +25:19.6

投稿者: Editer