WRC RALLY MEXICO 2019 DAY3

Pocket
LINEで送る

WRC RALLY MEXICO 2019 DAY3

ラリーメキシコDAY3。
このイベント最長の138.37kmステージを持つこの日。

オジェはトップをキープ。「パンクで始まり、最後に小さな技術的な問題で終わった長くて難しい一日でしたが、全体的に、私達はうまく走りました。リードを上げて今日を終えることができて嬉しいです。 C3 WRCが明日の完璧な状態に戻っていることを確認するチーム。ゴールした時にマックスポイントを獲得する必要があるからです。」

2位につけるエバンス。僅差でタナクが追いかけてきているが、2位でゴール出来るよう闘うとコメントしています。

3位タナクは「明日は、きっと興味深い展開になるでしょう。いくつか明るい材料があるので、とても楽しみです。 」

1. Sébastien Ogier / Julien Ingrassia (Citroen C3 WRC) 2:57:21.4
2. Elfyn Evans / Scott Martin (Ford Fiesta WRC) +27.0
3. Ott Tänak / Martin Järveoja (Toyota Yaris WRC) +29.2
4. Thierry Neuville / Nicolas Gilsoul (Hyundai i20 Coupe WRC) +1:15.7
5. Kris Meeke / Sebastian Marshall (Toyota Yaris WRC) +4:37.1

競技4日目、ラリー最終日となる10日(日)のデイ4は、サービスパークの東側エリアで3本のグラベルステージが行なわれます。SS19「アルファロ」、SS20「メサ・クアタ」は、いずれもデイ3までに走行した他のステージと多くの部分が重なっています。また、SS7の再走ステージであるSS21「ラス・ミナス」は、トップ5タイムを記録した選手にボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。3本のSSの合計距離は60.17km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は181.98kmとなります。

Scroll to top