WRC TOUR DE CORSE 2019 DAY1

Pocket
LINEで送る

WRC TOUR DE CORSE 2019 DAY1

WRC TOUR DE CORSE DAY1は、M-SPORTのエバンスがトップで終了。出走順による影響が少ないターマックで、限られた予算でチーム運営を行なっているM-SPORTがトップに立つとは正直予想していませんでした。

この日の最終ステージ。エバンスの前にスタートしたミークはサスペンショントラブルからスロー走行が予想され、スタート間隔を3分にして欲しいとの要望が出されましたがそれは通らず。ステージ上でスロー走行中のミークに引っかかり11秒を失ったエバンス。主催者がタナクと同タイムに修正し、4.5秒リードのトップという事になりました。

エバンス「今日はマシンのフィーリングが良くポジティブな日だった。このイベントは賢くそして効率的でなければならないタイプです、そして、私たちは上手く走ったように私は感じました。私たちはコーナーをトリックのように見える運転で滑らかさを保ちスピードをキープすることができた。
 明日は大きな戦いが続くでしょう。私たちの計画はこの順位を維持することです。 Ott [Tänak]とThierry [Neuville]は、両方とも懸命に努力するでしょうが、すべてがうまくいったとき、私たちはより速くできることを知っています。私は本当に明日を楽しみにしています。ステージはすべてが少しずつ混在しています。順応性があることがすべてです。」

OVERALL CLASSIFICATION

1. Elfyn Evans / Scott Martin (Ford Fiesta WRC) 1:09:39.6
2. Ott Tänak / Martin Järveoja (Toyota Yaris WRC) +4.5
3. Thierry Neuville / Nicolas Gilsoul (Hyundai i20 Coupe WRC) +9.8
4. Dani Sordo / Carlos del Barrio (Hyundai i20 Coupe WRC) +26.1
5. Teemu Suninen / Marko Salminen (Ford Fiesta WRC) +30.9
6. Sébastien Ogier / Julien Ingrassia (Citroen C3 WRC) +36.3
7. Esapekka Lappi / Janne Ferme (Citroen C3 WRC) +46.3
8. Sébastien Loeb / Daniel Elena (Hyundai i20 Coupe WRC) +2:27.9

競技2日目となるデイ2は、バスティア空港のサービスパークを中心に、島の北側で3本のステージを各2回走行します。SS7/10は島の最北端カップ・コルス(コルス岬)を舞台とする、とても風光明媚なステージです。また、SS9/12は今大会最長となる47.18kmのロングステージです。6本のSSの合計距離は174.50km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は489.18kmとなります。 

Scroll to top