Katsuta quick but out of luck on Argentina debut

Pocket
LINEで送る

Katsuta quick but out of luck on Argentina debut

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、ラリー・アルゼンティーナのWRC2に、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共に初参戦。WRC2カテゴリー5位で完走しました

勝田貴元
自分にとっては、とても良いラリーでした。リザルトは望んでいたようなものではありませんが、元々の目標は初めてのラリーで経験値を高めることだけでした。事前にとてもタフなラリーだと聞いていましたが、何とか全てのステージを走り切ることができました。ステージはとても荒れていて、それなのにハイスピードなコースだったので簡単ではありませんでした。また、雨の影響でいくつかのコーナーは泥で覆われ、自分にとっては初めて経験するようなコンディションでした。最初はとても苦労しましたが、ドライビングと速さの両方を改善できたと思います。また、突然ホイールが破損するまで、WRC 2カテゴリーをリードできたことに関しても嬉しく思います。特に何かに当たったたわけではないので、ホイールが壊れたのはとても残念ですが、このような荒れたラリーでは十分に起こり得ることです。土曜日の午前中にはパワーステアリングの問題が起こりましたが、チームがすぐに修理をしてくれたので、以降は運転を楽しむことができました。R5カーをドライブする経験豊かな選手に対抗するためには、さらなる進化が必要ですが、このラリーに何回も出ているドライバーを相手に、何度かベストタイムを出せたのは良かったと思います。

Scroll to top