Rally Chile – Media Statement about Thierry Neuville / Nicolas Gilsoul

Pocket
LINEで送る

Rally Chile – Media Statement about Thierry Neuville / Nicolas Gilsoul

2019年5月11日 – ヒュンダイのThierry NeuvilleとNicolas Gilsoulは、23.09kmのSS8(マリアラスクルーセス)の13.9km地点で事故に巻き込まれた。

彼らのHyundai i20 Coupe WRCはコーナーの出口で大きくドリフトしてから、その左側にある土手にぶつかり、その後何度も回転した。 運転手も同乗者も補助なしで車から脱出することができた。

ティエリーはその場でチェックされ、医療支援が必要でした。 彼は詳細な検査のためにヘリコプターで地元のコンセプシオン病院に運ばれた。 病院では、彼が骨折や他の怪我をしていないことが確認されました。 Gilsoulはまた予防的理由で病院に行くように勧められた。

高速でのクラッシュのため、週末の残りの間#11の乗組員はラリーチリを続行しません。 彼らは今月末にラリー・デ・ポルトガルでのチャンピオンシップ戦に復帰するでしょう。


May 11, 2019 – Hyundai Motorsport crew Thierry Neuville and Nicolas Gilsoul were involved in a accident on the penultimate day of Rally Chile, 13.9km into the 23.09km-long SS8 (Maria Las Cruces).

Their Hyundai i20 Coupe WRC drifted wide at the exit of a corner, and then hit a bank on its left-hand side, and subsequently rolled numerous times. Both driver and co-driver were able to extract themselves from the car without assistance.

Thierry was checked on the spot and required medical assistance. He was taken to the local Concepción hospital by helicopter for detailed examination. At the hospital, it was confirmed that he had suffered no fractures or other injuries. Gilsoul was also advised to go to hospital on precautionary grounds.

The high-speed nature of the crash will prevent the #11 crew from continuing in Rally Chile for the rest of the weekend. They will be back in the championship fight at Rally de Portugal later this month.

Scroll to top