WRC RALLY FINLAND 2019 DAY3

Pocket
LINEで送る

WRC RALLY FINLAND 2019 DAY3

ラリーフィンランドDAY3
デイ2で首位ラトバラと2.6秒差の総合4位につけていたタナックは、この日最初のSS12でラトバラを抜き総合1位に立ちましたが、次のSS13ではラトバラが首位に返り咲きました。しかし、SS14でラトバラが右コーナーの外側にあった大きな石に当たってホイールを破損し、パンクで大きくタイムロスした結果、タナックが首位に復帰し、この日を首位のまま終えました。

石に当たって2位に順位を下げたラトバラは、午後のステージで確実性重視の走りに切り替えて、ポジションキープに。また、ミークは、SS14でラトバラと同じ石にクルマをヒット。左のリヤサスペンションを破損してデイリタイアとなりました。

2位にはマシンのフィーリングが良いと言うラッピがつけています。

5位につけるオジェは「今日の午後、私は本当にエネルギーが少なくなっていたので、今日が終わったことを嬉しく思います。 正直に言うと、私は寝るのを待つことができません。 私は一日中本当に自分をプッシュしなければならなかったので、集中力を維持することは時々非常に困難だったので、何のミスをしなかったことがうれしいです。 明日はまた別の日になるだろうし、今夜も十分に回復し、自分自身で正義を成し遂げ、最後まで戦うことができるようになることを願っている。」とコメント

End of day three (Saturday):
1 Ott Tänak/Martin Järveoja (Toyota Yaris WRC) 2h08m49.4s
2 Esapekka Lappi/Janne Ferm (Citroën C3 WRC) +16.4s
3 Jari-Matti Latvala/Miikka Anttila (Toyota Yaris WRC) +28.8s
4 Andreas Mikkelsen/Anders Jaeger-Amland (Hyundai i20 Coupe WRC) +50.5s
5 Sebastien Ogier/Julien Ingrassia (Citroën C3 WRC) +53.1s
6 Craig Breen/Paul Nagle (Hyundai i20 Coupe WRC) +59.1s
7 Thierry Neuville/Nicolas Gilsoul (Hyundai i20 Coupe WRC) +1m19.3s
8 Teemu Suninen/Jarmo Lehtinen (Ford Fiesta WRC) +2m05.3s
9 Gus Greensmith/Elliott Edmondson (Ford Fiesta WRC) +4m09.7s
10 Kalle Rovanpera/Jonne Halttunen (Skoda Fabia R5 Evo) +6m33.5s

競技最終日となる8月4日(日)のデイ4は、サービスパークの東側エリアで2本のグラベルステージを各2回走行します。日中のサービスは設定されず、給油のみで4本のステージを走ります。最終ステージのSS23「ルイヒマキ2」は、トップ5タイムを記録した選手に対し、ボーナスのドライバーおよびコ・ドライバー選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。4本のSSの合計距離は45.74km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は192.96kmとなります。

Scroll to top