Fernando Alonso training is going well

Pocket
LINEで送る

Fernando Alonso training is going well

ダカールラリー2020参戦予定のハイラックスでの走行トレーニングを重ねているフェルナンド・アロンソは、9月2日(月)から3日(火)にかけ、ポーランドのシュチェチンにて、先週末に開催されたクロスカントリーラリー「バハ ポーランド」で実際に使用されたコースを含む700キロを走破しました。走行トレーニングのコースはチーム運営を担当する「オーバードライブ レーシング」とラリーレイドのスペシャリストにより設定され、砂地や、硬軟と性質の異なる地盤、また凹凸のある起伏に富んだ路面など様々な条件で走行しました。

アロンソは来週、9月13日(金)から14日(土)にかけて開催される南アフリカクロスカントリーシリーズ第5戦のリヒテンバーグ400に、賞典外で参戦する予定です。第5戦は当初、ハリスミス400ラリーとして開催される予定でしたが、開催地周辺が異常に乾燥し火災の危険性があるため、リヒテンバーグに場所を移して開催される予定です。

フェルナンド・アロンソ
ここポーランドで行ったこの2日間のテストは、様々な路面を経験することができ、本当に有意義なものとなりました。現段階では、ハイラックスを1キロでも多く運転したいのですが、今回のテストでは計画を大幅に上回る距離を走ることができ、とても嬉しく思っています。TOYOTA GAZOO Racingの一員として、新たなモータースポーツカテゴリーに挑戦できることは本当に素晴らしいことだと思っています。ハイラックスはとても”fun to drive”な(運転が楽しい)クルマです。

Scroll to top