WRC RALLY TURKEY 2019 FINAL

Pocket
LINEで送る

WRC RALLY TURKEY 2019 FINAL

ラリートルコは安定してタイムが出ていたシトロエン勢が1-2でフィニッシュ。トヨタ勢はパンクやマシントラブルで後退。

最終日のシトロエンチームの戦術はかなり単純でした。 Esapekka LappiとJanne Fermの仕事は、2位を獲得するために、適切なペースを維持することでした。 一方、セバスチャンオジェとジュリアンイングラシアは、マルマリス(7.05km)でペースノートを確認する必要がありました。これは、パワーステージとしても使用されるステージです。 その後、彼らは次の2つのステージでタイヤを温存し、いくつかのボーナスポイントを集めることを期待して、最終テストで可能な限りプッシュすることができました。 シトロエンはワンツーフィニッシュを確保し、セバスチャン・オジェとジュリアン・イングラシアはパワーステージで3番目に速いタイムで3つの追加ポイントを獲得しました。

オジェ
「チャンピオンシップの争いに戻るチャンスがあれば、この勝利を本当に必要としていたので、今週末、チームに持ち帰ることができて本当にうれしいです。 このようなラリーでは本当に荒いことが起こる可能性があることはわかっていましたが、スマートなアプローチを採用することで問題を回避することができました。 シーズンの終わりに向かうとき、それは皆にとって良い士気の向上です! 私たちは皆、本当に一生懸命に働き続けなければならないことを知っています。 この勝利を味わい、明日再び仕事に取り掛かります。」

ラッピ
「非常に厳しいイベントでしたが、昨年はあまり楽しめなかったので、今週末のパフォーマンスに明らかに満足しています。 セブとジュリアンと同じ種類のペースを示す2つの非常に優れた第1レッグを達成することができましたが、これは簡単なことではありません。 今日、私たちにとっての課題は、車をコースに留めて、できる限り彼らを助けることでした。 今週のC3 WRCは完璧でした。 何の問題もなかったし、それがこの素晴らしい結果を確保するための鍵の1つでした。」

最終日再出走を果たしたタナックは、ボーナスの選手権ポイントがかかる最終のパワーステージに集中。車両重量を抑えるため、スペアタイヤを搭載しないで最終日に臨みました。最終日は日中のサービスを受けることなく4本のステージを走行するため、リスクを伴う戦略でした。また、WRカー勢では出走順がトップだったため不利な路面コンディションでの走行でしたが、タナックは2番手タイムの選手に2.6秒差をつけるベストタイムを記録。最大となる5ポイントのボーナスを獲得し、2位に17ポイント差でドライバーズ選手権首位の座を堅守しました。

FINAL PROVISIONAL STANDINGS
Ogier / Ingrassia (Citroën C3 WRC) 3:50:12.1
Lappi / Ferm (Citroën C3 WRC) +34.7
Mikkelsen / Jaeger (Hyundai i20 WRC) +1:04.5
Suninen / Lehtinen (Ford Fiesta WRC) +1:35.1
Sordo / Del Barrio (Hyundai i20 WRC) +2:25.9
Latvala / Anttila (Toyota Yaris WRC) +2:59.1
Meeke / Marshall (Toyota Yaris WRC) +3:53.3
Neuville / Gilsoul (Hyundai i20 WRC) +5:34.8
Tidemand / Floene (Ford Fiesta WRC) +7:22.9

* subject to the publication of the official classification by the FIA

DRIVERS’ WORLD CHAMPIONSHIP
Ott Tänak – 210 points
Sébastien Ogier – 193 points
Thierry Neuville – 180 points
Andreas Mikkelsen – 94 points
Kris Meeke – 86 points
Jari-Matti Latvala – 84 points
Teemu Suninen – 83 points
Esapekka Lappi – 80 points
Elfyn Evans – 78 points
Dani Sordo – 72 points

MANUFACTURERS’ WORLD CHAMPIONSHIP
Hyundai WRT – 314 points
Toyota Gazoo Racing – 295 points
Citroën Total WRT – 259 points
M-Sport Ford WRT – 184 points

Scroll to top