KATSUTA WON CENTRAL RALLY AICHI GIFU

Pocket
LINEで送る

KATSUTA WON CENTRAL RALLY AICHI GIFU

11月7日(木)~10日(日)にかけて、Rally Japan 2020に向けたテストイベント「セントラルラリー愛知・岐阜2019」が、愛知県と岐阜県を舞台に開催され、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの勝田貴元/ダニエル・バリット組がヤリスWRCで参戦し総合優勝を果たしました。

知県・岐阜県の山間部の舗装路にSSが設定されました。入り組んだ低速セクションからハイスピードコーナーまで、非常にバリエーションに富んだコースが舞台となり、また、ギャラリーエリアでは、トークショーやクルマに関する様々な催しも行われ、連日多くの観客で賑わいを見せました。

ラリー前に勝田は、「来年ラリージャパンで走るチームのために、距離を稼いでデータを持ち帰るのが目標です。日本での開催ということもあり、たくさんのファンの皆さんが見にきてくれています。その前でしっかりと良い走りも披露したいですね」と語りました。

勝田貴元
「こんなにたくさんファンが来てくれて、正直驚きましたし、本当にうれしく思います。SSだけでなくロードセクションでもたくさんの方に応援して頂いて心強かったです。そして、日本のラリーファンや、今回ファンになってくれた皆さんの前で走り切れたことに、ほっとしています。狭くツイスティな日本特有の林道をヤリスWRCで走ることは、難しい面もたくさんありました。今後に向けていい経験を積めたと思っています。来年のWRCラリージャパンでは、もっともっとラリーの魅力を知っていただき、モータースポーツ全体も盛り上げていけるように、僕自身も頑張りたいです」

トミ・マキネン
「日本でのWRC開催は、我々のチームにとって本当に重要なことでした。それは長い夢でもあったのです。2020年のカレンダー入りが決まり、そして今回テストイベントが成功に終わったことを、心からポジティブに感じています。どこを見渡してもたくさんのファンが集まり、雰囲気も本当に素晴らしかった。そして、貴元は母国ラリーでヤリスWRCをドライブし、勝利を手にしました。彼はラリーをエンジョイしていましたし、最高の瞬間を味わったはずです。今シーズンの彼は着実にスピードを増していますし、その才能を証明しつつあります。来年、またここにチームとして戻ってくることが楽しみです」

セントラルラリー愛知/岐阜2019 国際格式クラス 最終結果
1 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ・ヤリスWRC) 1:19:33.9
2 新井 大輝/イルカ・ミノア(シトロエンC3 R5) +3:50.0
3 福永 修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5) +6:18.0
4 ヘイキ・コバライネン/北川 紗衣(トヨタGT86 CS-R3) +9:17.2
5 坂地 広之/奥村 久継(スズキ・スイフトスポーツ) +22:18.8
6 萩原 泰則/中里 守利(スバル・インプレッサWRX STI) +3:53:38.6
※出走7台、完走6台

Scroll to top