Ogier, Evans and Rovanpera: An exciting new line-up to drive the Toyota Yaris WRC in 2020

Pocket
LINEで送る

Ogier, Evans and Rovanpera: An exciting new line-up to drive the Toyota Yaris WRC in 2020

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、2020年のFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する、ドライバーおよびコ・ドライバーのラインナップを決定。新たにセバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラの3選手をドライバーとして迎え、3台のヤリスWRCで参戦します。

35歳のオジエ(フランス)と、コ・ドライバーのジュリアン・イングラシア(フランス)は、2013年から2018年にかけて6年連続で世界王者に輝いた、WRCを代表するトップアスリートです。これまでにWRCで47回の勝利を挙げていますが、さらなる勝利と、今シーズンをもってTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamを離れるオィット・タナックが獲得したドライバーズタイトルの奪回を目指し、来たる2020年シーズンに臨みます。

イギリス、ウェールズ出身のエバンスは、地元開催のラリー・グレートブリテンで2017年にWRC初優勝を果たしました。グレートブリテンのようなグラベル(未舗装路)ラリーだけでなく、ターマック(舗装路)ラリーでも速く、今季の第4戦ラリー・フランス/ツール・ド・コルスでは、2019年からペアを組むコ・ドライバーのスコット・マーティン(イギリス)と共に、最終ステージまで優勝を争いました。いかなる条件でも安定した走りで結果を残すエバンスは、チームにとって頼りになる実力派のドライバーです。

ロバンペラ(フィンランド)は、WRCでの優勝経験があるハリ・ロバンペラを父に持つ、19歳の若手ドライバーです。2017年初めてWRC 2にR5カーでスポット出場し、今年はWRCのサポートシリーズであるWRC 2 Proに、コ・ドライバーのヨンネ・ハルットゥネン(フィンランド)と共に参戦。11戦に出場し、5勝をあげチャンピオンに輝きました。ロバンペラは、既に16歳の時ヤリスWRCをテストしていましたが、チームは来季からレギュラードライバーとして2シーズンを戦う契約を締結しました。

トミ・マキネン(チーム代表)
来シーズンを、彼らと一緒に戦えることをとても嬉しく思います。来年、そしてその先、より多くのチャンピオンシップトロフィーを獲得したいと思っている我々にとって、非常にバランスのとれたラインナップになったと信じています。セバスチャンは本当に強いドライバーですし、彼とジュリアンと一緒に働くことを楽しみにしています。ごく短い時間で我々のチームが結果を出したからこそ、彼ほどの素晴らしい実績を持つ選手が魅力を感じてくれたのだと思います。エルフィンは、以前から注目していたドライバーです。彼はほぼ全ての路面で優勝できる速さがあり、状況に応じて賢く戦い、多くのポイントを獲得できる能力を持ったドライバーでもあります。カッレについては、幼い頃から知っていましたし、その時から特別な才能を備えていることは明らかでした。これから学ぶべきことは少なくありませんが、ステップアップする準備はできていると思います。最後に、オィットとマルティン、ヤリ-マティとミーカ、そしてクリスとセブの、これまでの貢献に感謝の言葉を贈りたいと思います。彼らの今後の活躍を、心から願っています。

セバスチャン・オジエ
このチームの一員となり、興奮しています。私にとってはもう一つの新たなる挑戦であり、本当に楽しみです。実は、2016年の終わりにも、翌年一緒に仕事をすることについて話し合いましたが、その時は実現しませんでした。しかしこうして、アイコニックなブランドであるトヨタ、そして子供の頃のアイドルであるトミ・マキネンと一緒に仕事をできることになり、感無量です。成功するために力を合わせて戦い、世界タイトルを取り戻したいと思います。エルフィンは以前一緒に仕事をしたことがあるので良く知っていますし、とても良いチームメイトだと思います。カッレはすでに十分な力を持っていることを証明していますし、素晴らしい才能を備えているのは間違いないので、きっとすぐに成長するでしょう。我々3人ともこのチームで戦うのは初めてなので、クルマやその他のことについて学ぶのは簡単ではないと思います。それでも、できるだけ早くパフォーマンスを発揮できるようにベストを尽くします。

エルフィン・エバンス
TOYOTA GAZOO Racingへの加入は自分にとって素晴らしい機会であり、とても興奮しています。チームはWRC参戦を開始した3年前から見事な結果を残してきたので、自分がその一員となることを嬉しく思います。トミは、彼自身ドライバーとして大きな成功を収めたように、WRCの高いレベルで戦う術を熟知しています。ここまで、彼と素晴らしいやり取りを続けてきたので、来シーズンの開幕に向けて、チームとの関係がさらに深まることを期待しています。私たちにとって、2019年は複雑なシーズンでした。怪我によりシーズンの途中で3戦を欠場し、ポイントを獲得できませんでした。しかし、その一方でステージ優勝を飾り、表彰台に立つなど良い結果を残し、速さを示すこともできました。ですから、この新しいチームでさらに上を目指し、より多くの勝利を獲得し、成果を残したいと思います。セバスチャンと再び一緒に仕事をするのも楽しみです。多くの経験と実績がある彼は、チームメイトとして素晴らしい存在です。

カッレ・ロバンペラ
このチームへの加入が決まり、本当に嬉しく思います。若いラリードライバーにとっては、WRカーのシートを得ることが目標ですが、今、自分にそのチャンスが訪れたのです。数年前に初めてヤリスWRCをテストした時、トミが自分を信頼してくれたことを嬉しく思いましたが、今、こうして完全に彼のチームのメンバーとなることができて光栄です。来年は自分にとって間違いなく非常に難しいシーズンになるでしょう。最大の課題は、新しいクルマについて学び、新たにカレンダーに加わるラリーに対応することです。最初はクルマとスピード、そして、それらに関わる全てのことが学びの対象となるはずです。セブとエルフィンは経験豊かで、自分にとって本当に良いチームメイトになるでしょう。彼らから多くのことを学習できるので、同じチームに入れて良かったと思います。

豊田 章男(チーム総代表)
ヤリ-マティ、3年間ありがとう。
僕が初めて、フィンランドに行った時、トヨタは、まだWRC復帰を決めていなかった。 はじめてのWRCに興奮していた僕は、選手を直接見たくてホテルのロビーで出待ちをしていた。
そこに現れたのがフォルクスワーゲンのヤリ-マティだった。
ドキドキしながら声をかけると、君は実に気さくにこたえてくれた。
話しながら、僕がトヨタの回し者だと気づいた君は、自分の乗っていたカローラやセリカの話を、とても嬉しそうにしてくれた。
こんなにトヨタのことを覚えていてくれている選手がいる内にWRCに戻らなきゃ…と、復帰への決意ができたのは、あの時だった。
トヨタファンの気さくなフォルクスワーゲンドライバーに出会えていなかったら、今、トヨタはWRCにいなかったかもしれない(笑)。

その2年後、君がうちのエースドライバーになってもらえると聞いた時は、不思議な縁に本当に感動したよ。
そして、今だから正直に言うと、最初のシーズンが始まる前、1年目から勝てるなんて思っていなかった。あの時は「1年かけて表彰台に上ろう」が我々の目標だった。
でも、初戦のモンテカルロで君はすぐにトヨタを表彰台に導いてくれた。その翌月には、表彰台の一番高い所にまで連れて行ってくれた。本当に夢のようだった。
昨年、やっとフィンランドで君と一緒に表彰台に上れたのはとても嬉しかった。
あとから写真を見返したら、オィットに渡されたシャンパンを僕は真っ先に君の方に向けていた。そのくらい君と上れたことが嬉しかったってことだと思う。
カローラやセリカをあんなに大切に乗ってくれている君だから、これからもトヨタのサポーターでいてくれると信じてます。よろしく。

クリス、君にも、今だから正直に話さないといけないことがあります。
君を迎え入れる時、ヤリスが転がったり、道を間違えたり、駐車場を走ってしまうんじゃないかと、すごく心配だった(笑)。
でも、君は、トヨタのために、しっかり仕事をしてくれた。どんな時でも限界までアタックしてくれたし、元エンジニアだからこそのアドバイスでヤリスを強くしてくれた。1年間ありがとう。

そして、オィット…。
チャンピオンという夢を君が叶えられたこと、自分のことのように嬉しく思う。そして、その手伝いをさせてもらえたことをトヨタは誇りに思っている。
僕は友山(GAZOO Racing Company プレジデント)と違って表彰台に上るのが苦手だったんだけど、昨年のフィンランドで君が初めて僕に高い所への上り方を教えてくれた。君のおかげで、やっとあの景色を見ることができたし、シャンパンがいかにベトベトするものなのかも知ることができた。本当にありがとう。
「目標を達成した今、環境を変えて次の挑戦に臨みたい。」という君の決断は本当に素晴らしいと思う。来年からは君がトヨタのライバルになる。強いライバルがいることは、僕らにとっての大きなモチベーションになってくる。
表彰台の上り方も、シャンパンの開け方も、しっかり教えてもらったから、次に表彰台で会う時は、上から君にシャンパンをかけることができると思う。また表彰台で会おう!


Ogier, guided by co-driver Julien Ingrassia, established himself as the dominant force in the WRC as he won six consecutive drivers’ titles between 2013 and 2018. Hungry to reclaim his crown and add to his tally of 47 victories, the 35-year-old from France has signed with Toyota for the 2020 season, placing his trust in the car and team that won the 2019 drivers’ championship with Ott Tänak. 

While his maiden victory came on home soil in Wales in 2017, Evans has proven himself as a fast and consistent driver across the wide variety of different surfaces and conditions experienced in the WRC. Joining Toyota for the next two years, the 30-year-old and his co-driver Scott Martin will continue the strong working relationship they started in 2019. 

Rovanperä will embark on his rookie season in a World Rally Car in 2020 aged just 19, but the youngster from Finland has long been regarded as one of the sport’s most exciting prospects. Having previously had the chance to test the Yaris WRC as a 16-year-old, he has now signed a two-year contract with the team. Together with co-driver Jonne Halttunen, Rovanperä won the 2019 WRC 2 Pro title with five wins from 11 starts, demonstrating his readiness to step up to the next level. 

Quotes:
Tommi Mäkinen (Team Principal) 

“I’m really pleased with the driver line-up we have been able to put together for next season. I believe it provides us with a great balance in our team as we target more championship trophies next year and in the future. We know how strong Sébastien is and we’re all looking forward to working with him and Julien. I think that being able to attract a driver with his record says a lot about what we have achieved in such a short space of time with this team. Elfyn is a driver I have been watching for some time. We’ve seen that he can have the speed to win on almost any surface, but he can also be very clever when needed and score good points. I’ve known Kalle since he was very young and it’s always been clear that he has something special. He still has lots to learn, but I believe that he is ready for this step now. I want to say thank you to Ott and Martin, Jari-Matti and Miikka, and Kris and Seb for all they have done for our team. I wish them all the best for the future.” 

Sébastien Ogier 
“I’m definitely very excited to be joining this team. It’s another new challenge for me and I’m looking forward to it. We already discussed it at the end of 2016, and although we didn’t manage to make it happen at that time, I’m now overwhelmed to start working with such an iconic brand as Toyota as well as my childhood idol Tommi Mäkinen. The plan is to aim for some success together and to try to win back the world championship. It’s an interesting line-up: I know Elfyn very well as I’ve worked with him before and I’m sure he can bring a lot to the team too, while Kalle has proven many things already in rallying, so he’s definitely got some talent and I’m sure he will improve very quickly. All three of us are new to the team, so it’s going to be challenging to learn the car and everything, but of course we’ll do our best to perform as quickly as possible. 

Elfyn Evans 
“Joining TOYOTA GAZOO Racing is a great opportunity for me and I’m really excited to get going. The team has been very successful since it came into the sport three years ago and I’m looking forward to be a part of it. Tommi has been very successful as a driver himself and knows what it takes to perform at this level. It’s been great to deal with him so far, and I’m looking forward to getting to know the team better as we ramp up towards the start of next season. 2019 was a mixed season for us – missing three rallies due to injury being the low point – but there were some strong results and performances as we competed for stage wins and podiums. Now I want to take that further, to be winning rallies more often and seeing what’s possible in this new chapter. It will be nice to work with Sébastien again too: With the experience and success he’s had, he’s a great guy to have in the team.” 

Kalle Rovanperä 
“I’m really excited to be joining the team. I think the goal for any young rally driver is to have a seat in a World Rally Car and now that chance is coming for me. It has been great for me to see how Tommi has been trusting me already when I first tested the car a few years ago, and it’s now really nice to be fully a part of his team. I’m sure that next year is going be quite demanding: The biggest challenges will be to learn the new car and also the rallies that are new on the calendar. For sure, the beginning will be all about learning the car and the speed and everything that comes with it. I think Seb and Elfyn will be really good team-mates for me with their experience. I have so much I can learn from them, so it’s nice to have them in the team also.” 

Akio Toyoda (Team Chairman, TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team) 
Jari-Matti, thank you for fighting with us for three years. 
When I visited Finland for the first time in 2014, Toyota had not yet decided to come back to the WRC. I was so excited because it was my first WRC visit and I stood in the hotel lobby to see the drivers in person. Jari-Matti, then a VW driver, was the first driver to arrive. When I excitedly greeted you, you said a friendly hello. While chatting, you noticed me as someone from Toyota, and you happily talked to me about your Corolla and Celica. This was the moment I made the decision to come back; we needed to come back to WRC while such a driver remembered Toyota competing.
You could say that if I didn’t see such a friendly VW driver back then, then maybe Toyota would not be in the WRC now! 

When I heard you would become our driver two years later, I was very moved by this wonderful fate. Frankly speaking, I didn’t expect at the beginning of the season that we could win in our first season. The target was to get a podium finish within a year. However, you brought Toyota to the podium immediately in Monte-Carlo. And then, you brought us to the top of the podium the following month in Sweden. It was a dream experience.
I was so glad that we could finally stand together on the podium last year in Finland. When I look back at pictures from afterwards, I noticed that I sprayed the champagne bottle given by Ott towards you at first. I believe it shows how much I got excited for my first podium together with you.
I know you cherish your Corolla and Celica very much, so I believe you will continue to be a Toyota supporter. Let’s stay in touch. 

Kris, you have worked hard for Toyota. You always attacked to the maximum and pushed the car to the limit, and gave a lot of advice from the viewpoint of a former engineer. This has made the Yaris stronger. Thank you for your contribution this year. 

Lastly, Ott, I am happy like myself that you finally achieved your dream, becoming World Rally Champion. Myself and Toyota are very proud of helping to achieve it. 
Unlike Mr. Tomoyama (President, GAZOO Racing Company), I have not been good at climbing the podium, but you taught me how to do it in Finland last year. Thanks to you, I could see the view from the top of the podium and get to know how sticky the champagne is. I really appreciated it. 

I think your decision, “After achieving the goal, I want a new challenge with different environment”, is simply amazing. You will become Toyota’s rival next year. For us, having a strong rival is big motivation to move forward. Because you have taught me how to stand on the top of the podium and how to open champagne bottles well, I can shower the champagne to you from higher position when we see each other the next time. See you again on the podium! 

Scroll to top