WRC RALLY SWEDEN 2020 FINAL

WRC RALLY SWEDEN 2020 FINAL

ラリースウェーデン🇸🇪最終日
日曜日は気温が上昇し、また大雨が降る可能性もあってステージコンディションの悪化が避けられない状況となり、パワーステージ1回のみの走行に変更されました。

エバンスは落ち着いた走りで6番手タイムを記録。2位タナクに12.7秒差をつけ、2017年のラリーGB以来となるキャリア2勝目、そしてチーム加入後最初の勝利を手にしました。総合3位となった開幕戦ラリー・モンテカルロに続き表彰台に立ったエバンスは、42ポイントの同点でヌービルに並び、彼のキャリアの中で初めてドライバー選手権で首位に立ちました。

エバンス
「TOYOTA GAZOO Racingに加わって2戦目で勝つことができて、本当に嬉しく思います。素晴らしいクルマを提供してくれただけでなく、テストでは自分が望むクルマに仕上げてくれるなど、手厚くサポートしてくれたチームに心から感謝します。クルマは私に大きな自信を与えてくれ、今回のような変わりやすいコンディションでは、それが大きな助けになりました。ここまでのところ、運転をとても楽しめているので、この後のグラベルイベントでも良いフィーリングが続くことを願っています。一緒に戦ってくれたスコットには、とても感謝しています。彼と組んで以降とても上手くいっていますし、彼に初勝利をもたらすことができてとても嬉しく思います」

それからWRC2クラスはMads Østberg
「最終的には多くの砂利があり、実質的に雪が降らなかったため、典型的なラリースウェーデンではありませんでしたが、今週の週末にコンディションに順応し、良いパフォーマンスを発揮することができました。 多くの非常に優秀なスカンジナビアのドライバーが参加して標準が非常に高くなることは知っていましたが、WRC2のリードを早い段階で獲得し、最後までそれを保持することができました。 結果に本当に満足しています。 車はこれらのステージで昨年と比較して大きな前進を遂げており、それも非常に前向きです。 C3 R5をさらに高速にし、勢いを維持するために、現在とラリーポルトガルとのこの長い休みを最大限に活用して、一生懸命努力します。」

PROVISIONAL CLASSIFICATION, RALLY SWEDEN
1 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota Yaris WRC) 1h11m43.1s
2 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 Coupe WRC) +12.7s
3 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota Yaris WRC) +20.2s
4 Sébastien Ogier/Julien Ingrassia (Toyota Yaris WRC) +23.6s
5 Esapekka Lappi/Janne Ferm (Ford Fiesta WRC) +32.4s
6 Thierry Neuville/Nicolas Gilsoul (Hyundai i20 Coupe WRC) +33.8s
7 Craig Breen/Paul Nagle (Hyundai i20 Coupe WRC) +1m00.9s
8 Teemu Suninen/Jarmo Lehtinen (Ford Fiesta WRC) +1m24.5s
9 Takamoto Katsuta/Daniel Barritt (Toyota Yaris WRC) +1m59.6s
10 Jari Huttunen/Mikko Lukka (Hyundai i20 R5) +4m03.0s

2020 FIA World Rally Championship for Manufacturers’ Standings
After round 2

1 Toyota Gazoo Racing World Rally Team 73
2 Hyundai Shell Mobis World Rally Team 63
3 M-Sport Ford World Rally Team 40

2020 FIA World Rally Championship for Drivers’ Standings
After round 2

1 E. Evans 42
2 T. Neuville 42
3 S. Ogier 37
4 K. Rovanperä 30
5 E. Lappi 24
6 O. Tänak 20
7 T. Suninen 11
8 S.Loeb 8
9 T. Katsuta 8
10 C. Breen 6