FIA announces decision to defer World Rallycross Championship electric switch to 2022

FIAは、COVID-19パンデミックによってもたらされた経済的課題のため、2021年の世界ラリークロス選手権の電動化実施計画を1年延期する決定を発表しました。

本日の世界モータースポーツカウンシルの電子投票で承認されたこの決定は、FIA世界ラリークロス選手権のプロモーターであるIMG、および電化キットの承認されたサプライヤーであるKreisel Electric、およびGCK Energyと協議して行われました。 すべての関係者は、現在参戦中、またはシリーズへの参加を検討している独立したチームを中心に構築された元の戦略に引き続きコミットします。

FIAのJean Todt会長は次のようにコメントしています。「 これは、最も費用効果の高い環境を作り出し、このFIA選手権で電気自動車の急速に発展するパフォーマンス能力を実証するでしょう。」

FIA世界ラリークロス選手権のプロモーターであるIMGのモータースポーツイベント担当シニアバイスプレジデントであるポールベラミー氏は、次のように述べています。「世界選手権への電気ラリークロスの導入を2022年まで延期する決定を支持します。

「この段階では、新しいFIA eRXジュニアチャンピオンシップの計画はこの決定の影響を受けず、このカテゴリーの電化に向けた取り組みは2021年まで継続され、包括的な自動車の供給とチャンピオンシップ組織が包括的なインクルーシブとドライブのフォーマットで提供されます。

「FIA、チーム、パートナーと共に、ラリークロスの電動化と未来に取り組んでいますが、これらの困難で不確実な時期に健康と幸福に焦点を合わせることが賢明であると信じています。」
 
Kreisel ElectricのCEOであるPhilipp Kreisel氏は、次のようにコメントしています。「世界的に見て、私たちには前例のない時代があり、未来が何をもたらすかを誰も予測していません。最も重要なのは、現在の状況を受け入れ、命を守る必要があることです。 「システム」の再起動ボタンが再度押されたときに準備ができるように準備する必要があります。

「いつ起こるかわからないので、FIAのアプローチと最初のWorld RXエレクトリックレースシーズンの2022年への延期をサポートします。エレクトリックレースキットの開発がほぼ完了し、多くの このプロジェクトへのエネルギーと情熱、私たちは来年電動化されたWorld RX車を見ることができないのは残念です。それでも、統一されたままにすることで、World RXの電化が大きな成功を収めることができると確信しています。 起こります。」