Home Shakedown Thierry Neuville

久しぶりのHome Shakedownシリーズ。今回は自粛開けのテストで高速クラッシュをしてしまった Thierry Neuvilleに、その時の模様等を語ってもらっています

来週の火曜日(6月16日)に32歳の誕生日を祝うベルギー人は、フィンランドで計画されているテストの一環としてHyundai i20 Coupe WRCのハンドルを握っています。 クラッシュのためにテストは短縮されましたが、ヌーヴィルとコ・ドライバーのニコラス・ギルソウルは無事でした。ラリー・メキシコ以来のドライブです。

ティエリー、フィンランドでの最近のテストから始めましょう。 何がありましたか?
「ハンドルを握ってWRCカーを運転するその特別な感覚を取り戻すことは本当に楽しかったです。 シーズンの最初のラリーはずっと前のようですが、フィンランドでアドレナリンが再び流れるのは素晴らしいことでした。 午後に岩にぶつかり車が何度も転がる結果になりました。

2人とも大丈夫でしたか?
「ありがたいことに、私たちは大丈夫でしたが、車を修理出来なかったため、テストを早期に中止する必要がありました。 ロックダウン期間後、チームは業務に復帰しました。近い将来、テストを再開する準備ができていることはわかっています。 私たちはここ数か月間、チームと密接に連絡を取り続けており、誰もがチャンピオンシップアクションに復帰することを熱望していることを知っています。 物事を短くする必要があったとしても、その精神をもう一度感じるのは良かったです。」

今も違った種類の運転は忙しいですか?
「はい、実は私はベルギーの会社で兄を助けてきました。 このような状況は私たちのような中小企業にとっては容易なことではなく、私たちは将来を予測して準備するために忙しかったです。 私たちは最近、フランス南部のカートトラックで3日間のイベントを開催することができました。そこでは、いくつかのグループの人々がクロスカートを借りていました。 私も運転をしましたが、家族と一緒で短い時間でしたが楽しかったです。」

最近のモナコの状況はいかがですか?
「ほぼ通常の状態に戻っています。 現在、レストランは営業していますが、社会的な距離と制限は残っています。 多くの人が集まる場所には行かなくても済むように努めていますが、外出する必要はないと感じています。」

どのように活動を続けてきましたか?
「3月にはすべてのジムが閉鎖され、犬の散歩は1日2回しかできませんでした。 適切なジムのセットアップがなかったので、自分の健康を維持するためにテラスを使って運動をしなければなりませんでした。 数週間前から再び屋外でトレーニングすることができるようになりました。」

新しいスキルを習得しましたか?
「私は料理が苦手なので、ガールフレンドから料理のレッスンを受けることを検討しましたが、私には喜びがなく、好奇心がないことに気付いたとき、すぐにその考えを打ち切りました。」

WRCファンへメッセージはありますか
「私たちはこの状況を受け入れ、できるだけ早く解決するためにできることをしなければなりませんでした。 最も簡単なことは、ルールを尊重し、自分たちにとって最高の管理を見つけることです。 多くの人が問題に直面しています。特に自分のビジネスを運営していて、そのために人が働いている人はいますが、私は常に問題のあるところを考え、解決策もあると思います。」