Rally Estonia 2020 Preview

2020年のWRCは、序盤の3戦を戦った後、新型コロナウイルスCOVID-19の世界的な蔓延により、多くのラリーが中止や延期を余儀なくされ、シーズンも中断。再開に向けてはCOVID-19の影響が少ない国でのイベントが新たにカレンダーに組み込まれ、ラリー・エストニアが初めてWRCとして開催されることになりました。 

ラリー・エストニアは以前から国際的なイベントを開催しており、近年はWRCラリー・フィンランドの前哨戦として多くのトップチームや選手を迎えていました。昨年の大会はWRC誘致を目的とした「プロモーションイベント」として行なわれ、WRCの全マニュファクチャラーが参戦。昨年の時点でWRC開催に向けての準備は既に整っていましたが、今年はCOVID-19対策も徹底的に行い、選手を含むラリー関係者全員と観客、そして地元の人々が、安全に参加できるよう、主催者は最大限の注意を払い準備を進めています。 

ラリー・エストニアは非常にハイスピードなグラベルステージが大部分を占め、クレスト(丘)やジャンプも多くあります。全体的にはラリー・フィンランドと似た特徴を持つラリーですが、砂利が多い路面はフィンランドよりも滑りやすく、ドライコンディションでは出走順が早い選手が不利な条件となります。ラリー・エストニアのサービスパークは、エストニア第2の都市であるタルトゥのラーディ旧空軍基地に置かれ、競技は金曜日から日曜日にかけて3日間行われます。ただし、金曜日はサービスパークの近くでショートステージが1本のみ行なわれ、他の16本のステージは土曜日と日曜日に集中しています。土曜日は午前中に5本のステージを走行し、昼間のサービスをはさんで同じステージを再走します。日曜日は、3本のステージを各2回、サービスをはさむことなく走行します。SSの数は全部で17本、その合計距離は232.64kmと、300km以上ある他のWRCイベントよりもかなり短い距離での戦いとなります。