MADS OSTBERG, WORLD CHAMPION WRC2 BRING C3RALLY2 TO VICTORY AT UNPRECEDENTED WRC RACE AT CROATIA RALLY

MADS OSTBERG, WORLD CHAMPION WRC2 BRING C3RALLY2 TO VICTORY AT UNPRECEDENTED WRC RACE AT CROATIA RALLY

昨年のWRC2チャンピオンであるマッズ・オストベリとトースタイン・エリクセンは、新チーム「タガイ・レーシング・テクノロジー(TRT)」を率いて、WRC第3戦のクロアチア・ラリーで世界の舞台に戻ってきました。経験豊富なドライバーとコ・ドライバーは、シトロエンC3Rally2のハンドルを握り、WRC2カテゴリーで優勝しました。オストベルグとエリクセンは、変化に富んだ道を次々と攻略し、19ステージ中5ステージで優勝、ウルフパワーステージでは4位に入り2ポイントを獲得しました。2人はチャンピオンシップで総合4位につけています。

Mads Ostberg 「”復帰できたことをうれしく思います。私たちが重視したのは良いスピードを出すことで、それに成功しました。厳しい条件の中でマシンはよく走ってくれました。これまでの経験をこのラリーに生かそうとしましたが、まったく違います。私たちにとっては初めてのことなので、学びながら進めています。幸いなことに、ハンガリー選手権やシトロエン・レーシングのテストでは、できるだけ多くの走行時間を確保し、ターマックでの経験を積むことができました」

Didier Clément, Citroën Racing Client Compétition Director: 「”昨年のタイトル獲得に続き、WRCに復帰したマッズとトースタインの勝利を非常に誇りに思います。また、WRC3世界ラリー選手権で1位と2位を獲得したヨハン・ロッセルとアレックス・コリア、ニコラ・シアミンとヤニック・ロッシュのパフォーマンスによって、クリーンな勝利を得ることができました。これらの結果は、シトロエン・レーシングの継続的な開発作業とコミットメントを裏付けるものです。”」