M-SPORT STAGES SET TO RETURN FOR A SECOND YEAR

M-SPORT STAGES SET TO RETURN FOR A SECOND YEAR

昨年の成功を受けて、M-Sportは今年の夏、グレイストークの森で再びM-Sport Stagesを開催することを発表しました。West Cumbria Motor ClubとEden Valley Motor Clubの協力を得て、7月3-4日の2日間にわたって開催される予定で、すでに計画が進められています。

カンブリアを拠点とするこのラリーは、M-Sportにとって、最新の施設であるM-Sport Evaluation Centre(M-Sport評価センター)を紹介する機会にもなります。完成を間近に控えたこの施設は、数百万ポンドをかけて開発されたもので、自動車技術のリーダーたちがデザインから生産までを一貫して行うことができる、ユニークなエンジニアリング・エクセレンス・センターです。

10,723m2の作業場には2.5kmのテストトラックが併設されており、M-Sport Stagesに出場する選手たちは、いち早く新施設を間近で見ることができます。また、M-Sportのマネージング・ディレクターであるMalcolm Wilson OBEが主催するCOVID-19 SAFEの特別イベントも予定されています。

このイベントは再びフォードのマシンに限定されますが、M-Sportはヒストリック・フォードの参加も奨励しています。つまり、フォード・エスコートMkIが最新世代のワールド・ラリー・カーと一緒に、英国最大級のフォード・ラリー・カーの集まりに参加することになるのです。

Ford Escort MkIIをドライブしたMalcolm

また、このイベントにはすべてのレベルの競技者が参加できるようになっており、M-Sportはできるだけ多くの年代のラダーオブオポチュニティを紹介したいと考えています。これは、草の根からトップレベルのラリーまで、ドライバーをサポートするというフォードの長年のコミットメントを示すものです。

このイベントは、グレイストークの森の中で、10本のタイム・ステージ、約58マイルの競技ステージを予定しています。土曜日には6つのステージが予定されており、昼間のサービスを経て、日曜日には4つの最終ステージとセレモニアルフィニッシュが予定されています。

また、M-Sport Stagesでは、昨年のM-Sport Return to Rally Stagesで初めて導入されて以来、情報や書類の電子管理、社会的に距離を置いた時間管理、車両やクルーの安全な回収など、最新のコビッド・セーフ・プロトコルを引き続き推進していきます。

レギュレーションやアナウンスに関する詳細は、今後数週間のうちにM-Sportのウェブサイトやチームのソーシャルメディアで発表されます。

M-Sport Managing Director, Malcolm Wilson OBE, said:

“昨年の素晴らしいイベントの後、私たちはM-Sport Stagesを再び開催したいと考えていましたが、West Cumbria Motor ClubとEden Valley Motor Clubの努力を改めて称賛したいと思います。彼らの献身と経験がなければ、このイベントは実現しませんでした。私たちは昨年の成功をさらに発展させることを楽しみにしています。

“私にとってのハイライトは、多くのM-Sportのフォード車が一堂に会したことでした。今年は、M-Sportとフォードが長年にわたってあらゆるレベルのラリーに力を注いできたことをアピールしたいと思っています。

“また、新しい評価センターを紹介する素晴らしい機会でもあり、私をはじめとするM-Sportのスタッフ全員が誇りに思っています。ここにたどり着くまでに長い時間がかかりましたが、作業はほぼ完了しており、私たちの車のハンドルを握って競技に参加している人たちが最初に見るのは当然のことだと思っています」と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。