Tänak and Neuville signing with Hyundai multi year.

Tänak and Neuville signing with Hyundai multi year.

ヒュンダイ・モータースポーツは、ティエリー・ヌービルとオット・タナックとの間で、2021年以降もチームに在籍する複数年契約を締結しました。

今回の発表は、マニュファクチャラーズチャンピオンになったことのあるチームが、WRCの中でも最も才能があり、速いドライバーである2人と仕事を続けることで、今後もWRCの最前線に立ち続けるという意志を示すものです。

現在、ドライバーズ選手権で2位につけているヌービルは、過去7年間にわたってヒュンダイ・モータースポーツのWRCプログラムを構築する上で基本的な役割を果たし、2014年のラリー・ドイツでの初優勝から、2019年と2020年のマニュファクチャラーズタイトル2連覇に至るまで、数多くの重要なマイルストーンを達成することに貢献してきました。また、第1世代の「Hyundai i20 WRC」から現在の「Hyundai i20 Coupe WRC」まで、WRCにおけるヒュンダイ・モータースポーツのすべてに参加し、強固な基盤を築いてきました。

2020年に世界チャンピオンとしてヒュンダイ・モータースポーツに参加したタナックは、地元エストニアで記念すべき1勝を挙げ、さらに3つの表彰台を獲得して、2020年のチームの成功と2つ目のマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献しました。 2月に開催されたアークティックラリー・フィンランドでは、2021年の初勝利を挙げ、フィンランドで開催された新しいWRCイベントでヒュンダイの1-3フィニッシュを飾っています。

5月にすでにこれらのドライバー契約を確定したことで、アルツェナウを拠点とするチームは、WRCのハイブリッド時代に向けた全く新しい開発をチームとして効率的に実行することができます。ロードカーであるヒュンダイi20 Nをベースにしたプロトタイプは、近日中にテスト段階に入ります。

Thierry Neuville ”私は、世界ラリー選手権での冒険をヒュンダイ・モータースポーツで続けることを意図していました。そして、私の第二の家族となったチームと複数年契約を結ぶことができて幸せです。彼らとはとても気が合うことに加え、彼らの決意と勝利への目標は、7年以上前に一緒に始めた素晴らしい旅を続けることを確信させてくれました。来年、WRCのハイブリッド・レギュレーションが変更され、新たな挑戦が始まることに対する彼らのアプローチと野心も非常に期待できるものです。私はラリーを愛していますし、止める準備はできていません。子供の頃からラリーを夢見てきましたが、ヒュンダイと私の強いモチベーション、献身、決意のおかげで、私はベストを尽くし続けています”

Ott Tänak “2022年からヒュンダイ・モータースポーツと新たな契約を結ぶことができ、本当に嬉しく思っています。2020年以降、私たちは多くの特別な瞬間を共にし、また、より困難な時期を乗り越えてきました。この2年間、私はチームのコミットメントと成功への決意を目の当たりにし、一人ひとりが限界を超え続けていくことを確信しています。私たちはWRCの新時代に入ります。ハイブリッド・レギュレーションに切り替わることで、誰もが白紙の状態からスタートすることになります。ヒュンダイ・モータースポーツは、ハイブリッド技術や電気技術に関する膨大な知識と経験を持っていますので、新しいラリー1マシンの開発を始める際に大きな役割を果たすでしょう。私はWRCの新時代を楽しみにしていますが、現世代のWRCカーを最高の形で送り出すために、今年はまだやるべきことがあります。”

Team Principal Andrea Adamo “我々は、ティエリーとオットとの関係を2021年以降も複数年契約で延長できることを嬉しく思います。 この2人の才能あるドライバーと今後も一緒に仕事をしていくことは、世界ラリー選手権での成功を目指す我々の継続的な決意と野心を示すものであり、2022年にハイブリッドの新時代を迎えるこのシリーズに対する現代自動車の強いコミットメントを再確認するものです。2014年以来、ヒュンダイ・モータースポーツに忠誠を誓ってくれたティエリーと、我々と我々の仕事を信頼してくれたオットに感謝します。近い将来、2022年の新しいラリー1チャレンジャーのテストという重要な段階に入りますので、ティエリーとオットと一緒に、スムーズなテスト計画を実行していきたいと思います。また、2021年の目標と2022年以降のことを考えると、今年はまだ一緒にやらなければならないことがあることも忘れてはなりません」。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。