Recent Posts

WRC Rally Turkey 2020 Day One

WRC Rally Turkey 2020 Day One

 WRC Rally Turkey 2020 Day One ラリー・トルコが開 

WRC Rally Turkey 2020 Preview

WRC Rally Turkey 2020 Preview

 WRC Rally Turkey 2020 Preview 2020年のラリー 

Katsuta impresses with his speed in the Toyota Yaris WRC

Katsuta impresses with his speed in the Toyota Yaris WRC

Katsuta impresses with his speed in the Toyota Yaris WRC

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、9月4日(金)から6日(日)にかけて、エストニアで開催された、FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・エストニアに、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦しました。勝田は競技2日目のデイ2で総合5位につけるなど健闘しましたが、デイ3の序盤にコースオフを喫し、残念ながら完走を果たせませんでした。

Katsuta said: 「土曜日はかなり自信を持ってドライブすることができましたし、ステージを重ねるごとにどんどんフィーリングが良くなっていきました。そして、いくつかのステージでは、世界最高のドライバーである、トヨタのチームメイトに近いタイムを刻むことができました。同じクルマで、彼らと自分を比較することができたのは本当に有意義でした。また、路面のコンディションが安定していたので、しっかりとグリップを感じて走ることもできました。日曜日は路面の変化が激しく、一晩中雨が降っていたので、かなり滑りやすいコンディションでした。僕がクラッシュしたコーナーは、ペースノートに記していた角度よりも少しきつかったのですが、それはレッキでの自分の判断ミスです。スピードが高すぎて側溝にはみ出し、3、4回転してしまいました。大きなクラッシュでしたが、ダンも僕も無事でした。チームには本当に申し訳なく思います。彼らは素晴らしいマシンを作ってくれましたし、アクシデントが起こるまでは走りを楽しんでいました。この週末に得た多くのポジティブな学びが、将来僕をより強くしてくれると確信しています。 」

勝田選手は、10月8日から11日にかけて、イタリアのサルディニア島で開催されるWRC第6戦「ラリー・イタリア」に参戦予定です。ラリーは本来6月の第1週目に予定されていましたが、新型コロナウイルスの蔓延により開催時期が秋に移りました。勝田はこのラリーにR5カーで過去3回出場していますが、WRカーのヤリスWRCでの参戦は今回が初めてです。イタリア・サルディニアは狭く高速なグラベルステージが多く、道の表面は細かな砂状のグラベルで覆われています。しかし、何台かのラリーカーが走ると下層の石や轍が露出し、路面はどんどんと荒れていくため、クレバーなアプローチが求められます。 

Rally Estonia Day 2 : Home hero Ott Tänak leads

Rally Estonia Day 2 : Home hero Ott Tänak leads

  前日、タルトゥのサービスパークに隣接するショートステージで開幕したラリー・エ 

#WRC Rally Estonia Day 1

#WRC Rally Estonia Day 1

Rally Estonia Day 1

新型コロナウイルス COVID-19の世界的な蔓延により、2020年のWRCは3月の第3戦ラリー・メキシコを最後にしばらく中断していました。しかし、新たにWRCに加わったラリー・エストニアでついにシーズンが再開。4日の金曜日は午前9時過ぎよりタルトゥの南側の全長6.23kmのグラベル(未舗装路)ステージでシェイクダウンが行なわれ、その後セレモニアルスタートに続き、夜7時過ぎからタルトゥ・ラーディ旧空軍基地のサービスパークに隣接する、全長1.28kmのステージでSS1がスタートしました。

End of day one (Friday): 
1 Esapekka Lappi/Janne Ferm (Ford Fiesta WRC) 1m17.0s
2 Sébastien Ogier/Julien Ingrassia (Toyota Yaris WRC) +0.0s
3 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 Coupe WRC) +0.1s
4 Craig Breen/Paul Nagle (Hyundai i20 Coupe WRC) +0.4s
5 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota Yaris WRC) +0.6s
6 Mads Østberg/Torstein Eriksen (Citroën C3 R5) +1.2s
7 Takamoto Katsuta/Daniel Barritt (Toyota Yaris WRC) +1.4s
8 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota Yaris WRC) +1.4s
9 Pontus Tidemand/Patrik Barth (Škoda Fabia Rally2 evo) +1.4s
10 Jari Huttunen/Mikko Lukka (Hyundai i20 R5) +1.5s

明日のステージ情報 
本格的なグラベルステージが始まる5日(土)のデイ2は、今大会の全SSのおよそ2/3にあたる距離を走ります。5本のステージを、日中の30分間のサービスを挟んで各2回走行し、SS2とその再走ステージであるSS7「プラングリ」は、今大会最長となる全長20.93kmのステージです。10本のSSの合計距離は147.18km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は513.24kmとなっています。