Recent Posts

#WRC Rally Estonia Day 1

#WRC Rally Estonia Day 1

 Rally Estonia Day 1 新型コロナウイルス COVID-19の 

M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONTINUES

M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONTINUES

 M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONT 

Rally Estonia 2020 Preview

2020年のWRCは、序盤の3戦を戦った後、新型コロナウイルスCOVID-19の世界的な蔓延により、多くのラリーが中止や延期を余儀なくされ、シーズンも中断。再開に向けてはCOVID-19の影響が少ない国でのイベントが新たにカレンダーに組み込まれ、ラリー・エストニアが初めてWRCとして開催されることになりました。 

ラリー・エストニアは以前から国際的なイベントを開催しており、近年はWRCラリー・フィンランドの前哨戦として多くのトップチームや選手を迎えていました。昨年の大会はWRC誘致を目的とした「プロモーションイベント」として行なわれ、WRCの全マニュファクチャラーが参戦。昨年の時点でWRC開催に向けての準備は既に整っていましたが、今年はCOVID-19対策も徹底的に行い、選手を含むラリー関係者全員と観客、そして地元の人々が、安全に参加できるよう、主催者は最大限の注意を払い準備を進めています。 

ラリー・エストニアは非常にハイスピードなグラベルステージが大部分を占め、クレスト(丘)やジャンプも多くあります。全体的にはラリー・フィンランドと似た特徴を持つラリーですが、砂利が多い路面はフィンランドよりも滑りやすく、ドライコンディションでは出走順が早い選手が不利な条件となります。ラリー・エストニアのサービスパークは、エストニア第2の都市であるタルトゥのラーディ旧空軍基地に置かれ、競技は金曜日から日曜日にかけて3日間行われます。ただし、金曜日はサービスパークの近くでショートステージが1本のみ行なわれ、他の16本のステージは土曜日と日曜日に集中しています。土曜日は午前中に5本のステージを走行し、昼間のサービスをはさんで同じステージを再走します。日曜日は、3本のステージを各2回、サービスをはさむことなく走行します。SSの数は全部で17本、その合計距離は232.64kmと、300km以上ある他のWRCイベントよりもかなり短い距離での戦いとなります。 

M-SPORT SUCCESSFUL RETURN TO RALLY STAGES

M-SPORT SUCCESSFUL RETURN TO RALLY STAGES

  先週末行われた、M-Sport Return to Rally Stages 

ヤリス ムッキムキ!!マッチョになりました

ヤリス ムッキムキ!!マッチョになりました

  全日本ラリー用ヤリス。ボディ補強編  

M-Sport Return to Rally

M-Sport Return to Rally

M-SPORTが今週末の土曜日に、過去20年間にM-Sportが設計および製造したマシンによるラリーイベントを開催します。

エントリーリストには、フォードフィエスタR5、フォードフィエスタR2、さらにはフォードフィエスタST、また最新の5台のフォードフィエスタラリー2、フォードフィエスタラリー4、トップスペックのエコブースト搭載のフォードフィエスタWRCも登場します。

フィエスタWRCは、Mスポーツのテストドライバーでレースチームマネージャーのマシューウィルソンによって運転されます。 ウィルソンは森を最もよく知っており、チームで最も成功したラリーカーの1つを運転することを楽しみにしています。

M-Sport FordチームプリンシパルのRichard MillenerもSWPマネージングディレクターのJeremy Packerと同様にFiesta R2を運転します。

最後のハイライトは、マルコムウィルソン自身です。MスポーツのボスがフォードエスコートMkIIでコースカーを担当します。

またM-SPORTと関連のある各社から豪華な賞典も提供されています。

Sparcoは、人気の高いデスクチェアの1つを、レーシンググローブ、バラクラバ、スポーツウェアの豊富なコレクションとともに提供し、45の強いフィールド全体ですべてのSparco製品を10%割引で提供しています。

SWPはM-スポーツフォードワールドラリーチームがFIAワールドラリーチャンピオンシップイベントで使用するナットガンを寄付し、レーザーランプは3つの£300バウチャー。

Rallycover.comは保険商品に400ポンドの割引を3回寄付し、MichelinはR5およびR2クラスに関連する一連の競技用タイヤ。

カストロールは彼らの0W-40エンジンオイルの30リットルを寄付しました、そしてVPレーシングは彼らの競争燃料の50リットル

Endlessは3台のブレーキパッドセットを寄付し、onthepacenote.comは無料のペースノートセットを寄付し、Permashineは車のクリーニング製品の一部

WRCプロモーターはWRCオールライブに10シーズンパスを寄付し、オードは多数のM-スポーツフォードワールドラリーチームの衣類を提供しました。

M-Sport Director, Matthew Wilson, said

「今週末のように大きな賞金体系のある集会に参加したことはないと思います。 私たちのパートナーは非常に寛大であり、フィールド全体で非常に多くの競争相手に非常に多くの賞を提供できることは素晴らしいことです。

「ドリュー、セブ、アダムが作成したコンテンツを楽しみにしています。そのコンテンツをすべての競合他社と共有できるという事実は、このラリーのもう1つのユニークな機能です。 個人的に、私はハンドルを握るのを待つことができず、関係者全員が今週末のラリーへの復帰を完全に楽しんでくれることを願っています。」

M-Sport Managing Director, Malcolm Wilson OBE, said:

M-Sport Return to Rally Stagesには素晴らしいエントリーがいくつかあります。できるだけ多くのライバルに追いつくのを楽しみにしています。

「リストにあるすべての車を見るのは実にかなり謙虚です。すべての車がここDovenbyの従業員とクラクフの拠点によって設計および開発されたことを知っています。

「過去20年間、私たちはあらゆるレベルの競争で競争力のあるフォードが存在することを保証するために一生懸命に取り組んできました。 これらすべての車がサービスパークに並んでいるのを見るのは非常に感情的だと思います。それぞれが過去20年間に達成したことを表しています。

「もちろん、現時点で特に厳しい時期を経験していることは秘密ではありませんが、これらのすべての車を見て、過去の厳しい時期からどのように立ち直ったかを思い出すことで、私は反対側から出て行く決心を固くします。 そしてカンブリアと集会のために提供し続けます。

「私は、たとえ競争力がなくても、自分でハンドルを握るのを楽しみにしています。そして、すべてのクラスで、きっと緊密な戦いが繰り広げられると確信しています。

「残っているのは、すべての競合他社に幸運をもたらすことです。 皆様にお目にかかれることを楽しみにしており、カンブリアの日差しの中で幸運を祈っています」