タグ: estonia

Rally Estonia Day 2 : Home hero Ott Tänak leads

Rally Estonia Day 2 : Home hero Ott Tänak leads

前日、タルトゥのサービスパークに隣接するショートステージで開幕したラリー・エストニアは、5日の朝から本格的なグラベル(未舗装路)ステージがスタート。タルトゥの南側エリアで、10本計147.18kmのSSが行なわれました。

エストニアが母国イベントとなるオットテナックが今週末の17ステージのうち11チームをリードし、チームメイトのクレイグブリーンを11.7秒差でリードし、ヒュンダイモータースポーツをリードしています。

Tänak said:「今日はWRCのアクションに正しく復帰できました。ホームロードで戦うことは非常に特別です。 多くの新しいステージ-高速でラフ-でいくつかの驚きがあった挑戦的で厳しい日でした。 私はすでに完全な集会をしたような気がします! 私たちは賢明で、特に状況が非常に悪かった午後のループの途中で、1日を乗り切るように注意して運転しなければなりませんでした。 しかし、時々フロントにギャップを作るようにプッシュすることもありました。 クルマはうまく機能していて、フィーリングは確かにそこにありますが、何もリスクを冒すことはできません。」

Breen said : 「ここエストニアでの戦いに参加できて本当にうれしい。 これらのステージでヒュンダイi20クーペWRCを運転してどれだけ楽しんでいるのかを表現するのは難しいと思います。 すごい。 午前のループを適切な位置で通過することが重要であると感じました。そして、最初の1 kmからすべてがどれだけ速く集まるかに驚きました。 午後は本当に2番手になり、素晴らしいステージでした。 車は私が求めたすべてをしていました。 運転して本当に楽しかったし、私たちが目指していること-完璧さ! チームがここ数週間、数か月間行ってきた作業を見ると、これは本当に彼らのすべての努力に対する報酬です。 明日はこのリズムを守らなければならない。表彰台は本当にとても素晴らしいだろう!」

トヨタ勢は、オジェは午前中は不利なスタート順で苦しめられましたが午後は先頭スタートから解放されベストタイムを刻み最終的に総合3位、エバンスは総合4位、一方ロバンペラはラジエター前部に装着されているパネルを、ロードセクション後のコントロールエリアで外したことにより1分間のペナルティを課せられ総合6位。勝田貴元も総合5位と健闘。

End of day two (Saturday): 
1 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 Coupe WRC) 1h15m08.4s
2 Craig Breen/Paul Nagle (Hyundai i20 Coupe WRC) +11.7s
3 Sébastien Ogier/Julien Ingrassia (Toyota Yaris WRC) +28.7s
4 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota Yaris WRC) +36.8s
5 Takamoto Katsuta/Daniel Barritt (Toyota Yaris WRC) +1m01.9s
6 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota Yaris WRC) +1m34.9s
7 Esapekka Lappi/Janne Ferm (Ford Fiesta WRC) +1m41.7s
8 Teemu Suninen/Jarmo Lehtinen (Ford Fiesta WRC) +1m50.9s
9 Pierre-Louis Loubet/Vincent Landais (Hyundai i20 Coupe WRC) +2m15.2s
10 Gus Greensmith/Elliott Edmondson (Ford Fiesta WRC) +3m03.1s

明日のステージ情報 
ラリー最終日となる6日(日)のデイ3は、サービスパークの南側エリアが舞台となります。3本のステージを、日中のサービスを受けることなく各2回走行し、うちSS14「カンビャ1」は今大会2番目に長い全長20.04kmのステージであり、その再走ステージとなるSS17「カンビャ2」は、トップ5タイムを記録した選手に対し、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。6本のSSの合計距離は84.94km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は351.85kmとなっています。

#WRC Rally Estonia Day 1

#WRC Rally Estonia Day 1

  Rally Estonia Day 1 新型コロナウイルス COVID-19 

Rally Estonia 2020 Preview

  2020年のWRCは、序盤の3戦を戦った後、新型コロナウイルスCOVID-1 

Rally Estonia 2020 will unfortunately be canceled

Rally Estonia 2020 will unfortunately be canceled

ラリーエストニア🇪🇪2020がキャンセルになりました。

以下はウルモアーバ氏の挨拶。エストニア語からの機械翻訳です。原文は一番下のリンク。

2019年に初めて、公式のWRCプロモーションラリーがエストニアで開催されました。 このフォーマットには、WRCステージのすべての要素が縮小された形で含まれていました。WRCプロモーターチャンネルでの世界的な事前連絡から始まり、ラリーエストニアのすべての公式WRCチームの参加で終わりました。 50,000人以上の地元および外国の観客がその場で競技を見ました。 エストニアのテレビ画像は、世界中で約8,000万人に届きました。

これはすべて、エストニア州、WRCプロモーター、サポーター、地方自治体、さまざまな機関、主催者の協力によって可能になりました。 重要なことに、ラリーエストニアへの政府の3年間の特別配分は保証された公共投資であり、その目標はラリーのおかげで地域に数百万ユーロの経済的影響をもたらすことで達成されました。

2019年のサクセスストーリーの後、エストニアはWRCステージの真剣な候補者と見なされているため、私たちは一緒に達成されたことを非常に誇りに思っています。 エストニアのモータースポーツの強いイメージは、オットテナックとマーティンヤルヴェオハの世界選手権タイトルでも確認されています。

昨年はエストニアのモータースポーツで大成功を収めました。 そのような年の後、私が今日就任しているエストニアオートスポーツユニオン(EAL)の理事会の立場を理解することは特に難しく、WRCステージをエストニアに持ち込むことはもはやEALの目標ではありません。

ラリーエストニアのイベントのわずか半年前の2020年1月、EAL理事会はEAL価格表を承認しました。2019年と比較して、国際イベントの登録料は2,000ユーロから100,000ユーロに増加しました。 これは、ほぼ5,000%の価格上昇につながります。 そのような料金を支払うことは法的にも予算的にも不可能です。
これはすべて、UEAの戦略の変更を明確に示しています。 WRCステージをエストニアに持ち込む目的は、ラリーエストニアとUEAの間の長期的な協力協定に記載されていることを覚えておくことが重要です。 4者の共通の目的は、WRCプロモーター、エストニア州、UEA、ラリーエストニアの代表者が署名した協力覚書にも記載されています。

上記のUEAの優先順位、戦略、価格表に予期せぬ変更があった場合、UEAはラリーエストニアの主催者と協力したくないことを明確に示しています。
むしろ、UEAの公式声明は、ラリーエストニアの国際的なサクセスストーリーがエストニアのモータースポーツに有害であるという印象を与えています。

ラリーエストニアの代表者は、妥協案を見つけるために、ほぼ3か月間、エストニアのAutosport Unionと交渉しています。 残念ながら、UEAはその位置を維持しています。
ラリーエストニアのディレクターとして、私たちの背後に支持的かつ協力的な同盟関係がなければ、エストニアでWRCステージに向けて努力することは不可能だと確信しています。

これらすべての観点から、ラリーエストニアが去ることを余儀なくされたことを、悲しみながら言わなければなりません。


Rally Estonia 2020 will unfortunately be canceled.

For the first time in 2019, the official WRC Promotion Rally took place in Estonia. This format contained all the elements of the WRC Stage in reduced form, starting with worldwide pre-communication on the WRC Promoter Channels and ending with the participation of all official WRC teams in Rally Estonia. Over 50,000 local and foreign spectators watched the competition on the spot. The TV picture of Estonia reached almost 80 million people around the world.

All this was made possible by the cooperation of the Estonian state, WRC promoter, supporters, local governments, various institutions and the organizer. Significantly, the government’s special allocation to Rally Estonia for three years was a guaranteed public investment, the goal of which has been achieved through the introduction of millions of euros of economic impact into the region thanks to the rally.

We are very proud of what has been achieved together, as after the success story of 2019, Estonia has been considered a serious candidate for the WRC stage. The strong image of Estonian motor sports is also confirmed by the World Championship titles of Ott Tänak and Martin Järveoja.

Last year was extremely successful for Estonian motor sports. After such a year, it is particularly difficult for me to understand the position of the Board of the Estonian Autosport Union (EAL), which is in office today, that bringing the WRC stage to Estonia is no longer the goal of the EAL.

In January 2020, just half a year before the Rally Estonia event, the EAL Board approved the EAL price list, which compared to 2019, the registration fee for an international event has increased from 2,000 euros to 100,000 euros. This translates into a price increase of almost 5,000%. It is legally and budgetaryly impossible to pay such a fee.
All this clearly signals a change in the strategy of the UEA. It is important to remember that the purpose of bringing the WRC stage to Estonia is stated in the long-term co-operation agreement between Rally Estonia and the UEA. The four-party common objectives are also set out in a Memorandum of Cooperation signed by representatives of the WRC promoter, the Estonian state, the UEA and Rally Estonia.

Any unexpected changes in the priorities, strategy and price list of the UEA mentioned above clearly indicate that the UEA does not wish to cooperate with the organizers of Rally Estonia.
Rather, the public statements made by the UEA give the impression that the international success story of Rally Estonia is detrimental to Estonian motor sports.

The representatives of Rally Estonia have been negotiating with the Estonian Autosport Union for almost three months in order to find a compromise. Unfortunately, the UEA has maintained its position.
As the director of Rally Estonia, I am convinced that if we do not have a supportive and cooperative alliance behind us, it will be impossible for us to strive for a WRC stage in Estonia.

I must say with sadness that, in the light of all of the above, we will be forced to Rally Estonia to leave.


Good friends. Today, we were sad to announce that the Rally Estonia 2020 will unfortunately be canceled. The reasons we talked about at length during our press conference today are summarized in Urmo Aava’s address, which we will add to this post.
https://www.rallyestonia.ee/et/pealtvaatajale/uudised/uudis/2020/02/26/rally-estonia-direktori-urmo-aava-poordumine/