タグ: M-SPORT

M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONTINUES

M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONTINUES

 M-SPORT EVALUATION CENTRE PROGRESS CONT 

M-SPORT SUCCESSFUL RETURN TO RALLY STAGES

M-SPORT SUCCESSFUL RETURN TO RALLY STAGES

 先週末行われた、M-Sport Return to Rally Stagesで 

M-Sport Return to Rally

M-Sport Return to Rally

M-SPORTが今週末の土曜日に、過去20年間にM-Sportが設計および製造したマシンによるラリーイベントを開催します。

エントリーリストには、フォードフィエスタR5、フォードフィエスタR2、さらにはフォードフィエスタST、また最新の5台のフォードフィエスタラリー2、フォードフィエスタラリー4、トップスペックのエコブースト搭載のフォードフィエスタWRCも登場します。

フィエスタWRCは、Mスポーツのテストドライバーでレースチームマネージャーのマシューウィルソンによって運転されます。 ウィルソンは森を最もよく知っており、チームで最も成功したラリーカーの1つを運転することを楽しみにしています。

M-Sport FordチームプリンシパルのRichard MillenerもSWPマネージングディレクターのJeremy Packerと同様にFiesta R2を運転します。

最後のハイライトは、マルコムウィルソン自身です。MスポーツのボスがフォードエスコートMkIIでコースカーを担当します。

またM-SPORTと関連のある各社から豪華な賞典も提供されています。

Sparcoは、人気の高いデスクチェアの1つを、レーシンググローブ、バラクラバ、スポーツウェアの豊富なコレクションとともに提供し、45の強いフィールド全体ですべてのSparco製品を10%割引で提供しています。

SWPはM-スポーツフォードワールドラリーチームがFIAワールドラリーチャンピオンシップイベントで使用するナットガンを寄付し、レーザーランプは3つの£300バウチャー。

Rallycover.comは保険商品に400ポンドの割引を3回寄付し、MichelinはR5およびR2クラスに関連する一連の競技用タイヤ。

カストロールは彼らの0W-40エンジンオイルの30リットルを寄付しました、そしてVPレーシングは彼らの競争燃料の50リットル

Endlessは3台のブレーキパッドセットを寄付し、onthepacenote.comは無料のペースノートセットを寄付し、Permashineは車のクリーニング製品の一部

WRCプロモーターはWRCオールライブに10シーズンパスを寄付し、オードは多数のM-スポーツフォードワールドラリーチームの衣類を提供しました。

M-Sport Director, Matthew Wilson, said

「今週末のように大きな賞金体系のある集会に参加したことはないと思います。 私たちのパートナーは非常に寛大であり、フィールド全体で非常に多くの競争相手に非常に多くの賞を提供できることは素晴らしいことです。

「ドリュー、セブ、アダムが作成したコンテンツを楽しみにしています。そのコンテンツをすべての競合他社と共有できるという事実は、このラリーのもう1つのユニークな機能です。 個人的に、私はハンドルを握るのを待つことができず、関係者全員が今週末のラリーへの復帰を完全に楽しんでくれることを願っています。」

M-Sport Managing Director, Malcolm Wilson OBE, said:

M-Sport Return to Rally Stagesには素晴らしいエントリーがいくつかあります。できるだけ多くのライバルに追いつくのを楽しみにしています。

「リストにあるすべての車を見るのは実にかなり謙虚です。すべての車がここDovenbyの従業員とクラクフの拠点によって設計および開発されたことを知っています。

「過去20年間、私たちはあらゆるレベルの競争で競争力のあるフォードが存在することを保証するために一生懸命に取り組んできました。 これらすべての車がサービスパークに並んでいるのを見るのは非常に感情的だと思います。それぞれが過去20年間に達成したことを表しています。

「もちろん、現時点で特に厳しい時期を経験していることは秘密ではありませんが、これらのすべての車を見て、過去の厳しい時期からどのように立ち直ったかを思い出すことで、私は反対側から出て行く決心を固くします。 そしてカンブリアと集会のために提供し続けます。

「私は、たとえ競争力がなくても、自分でハンドルを握るのを楽しみにしています。そして、すべてのクラスで、きっと緊密な戦いが繰り広げられると確信しています。

「残っているのは、すべての競合他社に幸運をもたらすことです。 皆様にお目にかかれることを楽しみにしており、カンブリアの日差しの中で幸運を祈っています」

The M-Sport Return to Rally Stages

The M-Sport Return to Rally Stages

  M-Sportは、Dovenby Hallで生産されたFocusとFiest 

M-SPORT : A YOUNG AND AMBITIOUS TEAM FOR 2020

M-SPORT : A YOUNG AND AMBITIOUS TEAM FOR 2020

M-SPORT : A YOUNG AND AMBITIOUS TEAM FOR 2020

M‑Sport Ford World Rally Teamの2020年シーズンドライバーラインナップがアナウンスされました

Esapekka Lappi
Teemu Suninen
Gus Greensmith

の3名。3名の平均年齢は25歳、チームメカニックの平均年齢30歳、チームプリンシパルのRichard Millenerも35歳と、若く野心的なチームとなるそうです。

LappiはコドライバーのJanne Fermとともに、2012年にフォードフィエスタS2000でフィンランド選手権の成功を勝ち取りました。その8年後、このデュオは世界の舞台で最高の結果を得るために挑戦します。

Teemu Suninenは、Jarmo Lehtinenとのコンビを継続。

ミッコヒルボネンが2006年と2007年にマーカス・グロンホルム、2008年から2011年にヤリ・マティ・ラトバラとチームメイトになって以来、すべてフィンランドのラインナップがチームをリードするのは久しぶりです。 勝利、99の表彰台、592のステージ勝利。 M-Sport Fordは、次世代のフライングフィンのプロモーションを楽しみにしています。

3台目のフィエスタは、Gus GreensmithとElliott Edmondsonのコンビがドライブし、9つのイベントにエントリーする予定だそうです。


Malcolm Wilson

今年はルーツに戻ります。若いチームを編成し、2組のフィンランド人を家族に迎えます。 マーカス、ミッコ、ヤリ・マッティと素晴らしい結果を楽しみました。今、次世代のフライングフィンがどのように発展するのか楽しみです。
 しかし、私たちの基本理念は常に若い才能の昇進と進歩であり、エサペッカ、ティーム、ガスと言う、強力な成果を上げることができる3人の才能のある若者がいます。
 チームは若いチームかもしれませんが、彼らは遠くまで行くための経験と野心を持っています。2020年に彼らが何を達成できるかを楽しみにしています

Richard Millener

2020年のラインナップには多くの可能性があり、私たちの目標は最高の結果を目指して挑戦し続けることです。 ラリーでの勝利は究極の目標であり、それを達成するチャンスはすべてあると思います。 誰もが成功を決意し、そこに届くのを待ちきれません。
 
 エサペッカは実績のある勝者であり、彼のスピードを疑う余地はありません。 彼は去年3回2位に終わったので、彼がどのようにフィエスタを掴むのか楽しみにしています。 そして、それが彼がフォードのハンドルを握った最後のようなものであるなら、我々はシーズンの地獄にいる!
  多くの人がTeemuでできることを知りたいと思っていると思います。 彼とJarmoは非常にうまく連携しており、今年のいくつかのイベントでトップの結果を得るために彼らが挑戦しているのを見ても驚かないでしょう。
 フィエスタWRCで9回のイベントでガスが戻ってくるのも素晴らしいことです。 彼は昨年、非常に強力なデビューを果たし、シーズンが進むにつれて、より強く、より自信を持つようになります。 今年は彼にとって非常に学習の年ですが、Gusを知っていれば、彼も彼の成績を残したいと思うでしょう!


Esapekka Lappi

この新しい冒険を本当に楽しみにしており、私たちが達成できることを楽しみにしています。 M-Sport Fordはラリーに真剣に情熱を傾けており、このシートには才能のあるドライバーがたくさんいたので、彼らが私たちに信頼を寄せてくれてとても嬉しく思います。 。
 
私たちは今週テストを開始し、フィエスタを学ぶことを本当に楽しみにしています。 私が最後にフォードを運転したとき、我々は多くの成功を収めた、そしてそれが今年も続くのを見るのは素晴らしいだろう。 始めるのが待ちきれず、強力な結果が得られることを願っています。

Teemu Suninen

マルコムとチームが私を信じてくれたことに本当に感謝しています。 過去12か月で多くのことを学んだように感じます。2020年にJarmoと私ができることを楽しみにしています。昨年は、すべてのラリーでやりたいと思っていることを教えてくれました。 トップの結果に到達します-そして、それは私が今年やりたいことです。
 
エサペッカと一緒にいることは本当に素晴らしいことです。なぜなら、エサペッカは私の子供時代の私にとってヒーローのような存在だったからです。 私がフィンランドでティーンエイジャーとしてゴーカートを始めたとき、彼は同じチームに所属し、チャンピオンシップを獲得しました。 3年後、私は同じことをすることができました。そして今、私たちは両方とも同じチームに戻ってきました!

Gus Greensmith

私は一生この機会を待っていましたが、今ではそれがあります。 M-Sport Fordの「チャンスのはしご」をR1からR2に、R5に、そして今度はWRCに進めました。 M-Sport and Fordでドライバーとしての進歩を助けてくれたすべての人に感謝していますが、まだまだたくさんあります。
 
チームは若いかもしれませんが、私たちは皆、非常に競争力があり、力強いパフォーマンスを提供できると確信しています。 オフシーズン中、私はラリーカーの外で自分自身にいくつかの大きな改善を加えました。 私はこれまでにないほど速く、かつてないほど速く、2020年の最初の段階でライトが緑色に変わったら準備ができています。