タグ: RallyGB

WRC WALES RALLYGB 2019 FINAL

WRC WALES RALLYGB 2019 FINAL

 WRC WALES RALLYGB 2019 FINAL ラリーGB最終日が行 

Petter Solberg Class Won WRC Wales RallyGB 2019

Petter Solberg Class Won WRC Wales RallyGB 2019

 Petter Solberg Class Won WRC Wales Rall 

WRC WALES RALLYGB 2019 DAY3

WRC WALES RALLYGB 2019 DAY3

WRC WALES RALLYGB 2019 DAY3

oliver solberg

ラリーGB DAY3。
路面コンディションが悪く、最終ステージは霧が濃い上に、リアバンパーを失い騒音でノートも聞き取り難かったと言うタナクがリード。

そして2位に上がってきたのはヌービル。午前中に3位になり午後もステージウインを獲得し2位に浮上。11秒差と僅差なので最終日にまだまだ優勝も狙えるとしています。

3位は、コンディションが悪く最後までやり遂げたが、もっと速く走りたいと言うオジェ。

それから想い出作りで参戦中のソルベルグ親子。WRC初参戦のオリバーはDAY1に続きマシントラブルでこの日もリタイヤ。パパペターは順調に走行し、なんとWRC2クラス首位。WRC2PROを含めてもR5カー勢の2位を走っています。「息子は親父はやっぱり凄いやと思ってるはず」とコメントしてました。
ところでオリバーは、ラリーGB前に18歳の誕生日を迎え、自動車免許試験にトライ。実技はOKだったものの、徹夜で勉強したのに筆記が不合格になってしまったそうです。でも2回目の受験で無事合格。これで晴れてリエゾン区間も運転できるように。

ラリー最終日となるデイ4は、サービスパークの周辺と南側エリアで5本のSSが行なわれます。2本のグラベルステージを、サービスパークすぐ近くの岬で行なわれる「グレート・オーム」のターマックステージをはさんで各2回走行。そのうち最終のSS22「ブレニグ2」は、トップ5タイムを記録したドライバーとコ・ドライバーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。5本のSSの合計距離は38.42kmと短く、リエゾン(移動区間)を含めた1日の総走行距離は269.39kmとなります

Tänak / Järveoja (Toyota Yaris WRC) 2:42:02.7
Neuville / Gilsoul (Hyundai i20 WRC) +11.0
Ogier / Ingrassia (Citroën C3 WRC) +17.3
Meeke / Marshall (Toyota Yaris WRC) +26.5
Mikkelsen / Jaeger (Hyundai i20 WRC) +46.9
Evans / Martin (Ford Fiesta WRC) +51.4
Suninen / Lehtinen (Ford Fiesta WRC) +3:07.9
Tidemand / Floene (Ford Fiesta WRC) +4:59.6
Breen / Nagle (Hyundai i20 WRC) +9:16.0

WRC WALES RALLYGB 2019 DAY1-2

WRC WALES RALLYGB 2019 DAY1-2

 WRC WALES RALLYGB 2019 DAY1-2 ラリーGBのデイ2 

WRC WALES RALLYGB 2019 SCHEDULE

WRC WALES RALLYGB 2019 SCHEDULE

 WRC WALES RALLYGB 2019 SCHEDULE 日本との時差は 

PADDON RETURNS TWO EVENTS

PADDON RETURNS TWO EVENTS

PADDON RETURNS TWO EVENTS

Hayden Paddon and John KennardがWRCに戻って来ます。

ラリーGBではFIESTA R5 MkIIを、ラリーオーストラリアではFIESTA WRCをドライブするそうです。

Team Principal, Richard Millener
「フィンランドへのリードアップで何か起こった後、多くのファンがヘイデンがシートに戻れる事を切望しているのは明らかでした。 私たちは彼に再び私たちと働くために必要なことについていくつかの考えとアドバイスを与えました、そして3週間以内に彼はほとんどそこにいました!
彼が確保できた支援と予算により、2つのイベントを提供できました。1つはウェールズラリーGBのフォードフィエスタR5、もう1つはラリーオーストラリアのフォードフィエスタWRCです。
現時点では、WRC 2 Proシリーズは非常に競争力が高いため、他のトップラインドライバーをミックスに追加することは素晴らしいことです。 さまざまな種類の車に関するヘイデンの経験により、彼は新しいフィエスタR5の能力を示すことができると確信しています。
ラリー・オーストラリアについては、彼がそこで何を目指しているかは明確だと思うし、WRCの常連と戦うのを見るのは素晴らしいことだと思う。 彼とジョンは確かに2つの非常に強力なパフォーマンスを提供する可能性を秘めています。私は彼らが何ができるか楽しみにしています。」

Hayden Paddon
本当に興奮しています。 フィンランドの失望の後、それで終わらせるつもりはありませんでした。M-Sportと一緒に、解決策を見つけるために一生懸命努力しました。 皆さんの継続的な支援とサポートに感謝しかありません。 この機会を再び与えてくれたHNZに感謝します。
私たちがよく知っているイベントでM-Sportの新しいR5を運転することを本当に楽しみにしており、その能力を示すことを目指しています。 また、R5とWRCの両方をテストすることと組み合わせて、より多くの時間を確保することも良いことです。 しかし、Rally Australiaの世界ラリーカーに復帰することが本当のハイライトになり、待ちきれません。
これらのラリーを「最後のチャンス」として扱っているわけではありません。結果が自然に得られるように、リラックスして体験全体を楽しみたいです。 これらはどちらも我々がよく知っている集会であり、私は良いレベルにいると感じています。 強い結果を出せない理由はありませんが、結果ばかり追いかけずに自然にやってくることが重要です。」