タグ: Toyota

TOYOTA GAZOO RACING YARIS WRC 2021 SPEC TEST

TOYOTA GAZOO RACING YARIS WRC 2021 SPEC TEST

 TOYOTA GAZOO RACING YARIS WRC 2021 SPEC 

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team at Tokyo Auto Salon to launch the 2020 WRC season

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team at Tokyo Auto Salon to launch the 2020 WRC season

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team at Tokyo Auto Salon to launch the 2020 WRC season

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamが参戦発表を行いました。マニファクチャラーの中で、トヨタが一番最後の発表となりました。

2010年以来となるWRCラリー・ジャパンが今年11月に中部地方で開催されることもあり、チームは日本でシーズンの参戦体制発表を行うことを決めたそうです

今年で4シーズン目を迎えるヤリスWRCは開発をさらに進め、軽量化とエンジンのアップグレードを含む改良を実施。新たに3人のドライバーがチームに加わり、速さと経験と若さがミックスされた理想的なラインナップで今シーズンも最高の結果を狙うそうです。

トミ・マキネン(チーム代表)
新加入の選手達と共に、日本でシーズンの参戦体制を発表できることを嬉しく思います。ラリー・ジャパンが今年WRCに復帰することが決まりとても楽しみですし、それだけに日本の多くのクルマファンの皆さんと一緒に、シーズンの始まりを迎えられるのは素晴らしいことです。2020年仕様のヤリスWRCの外観は昨年のクルマと似ており、コンディションが異なる多くのラリーで強さを示したパッケージの大部分を受け継いでいます。それでも、“もっといいクルマ”に鍛えるべく小さな改善を積み重ね、より軽量かつパワフルなクルマで新たなるシーズンに臨みます。才能豊かな我々の新ドライバー達はきっとすぐクルマに慣れてくれると思いますので、今シーズンもまた最高の結果を狙えると確信しています。

FERNANDO ALONSO AT LICHTENBURG 400

FERNANDO ALONSO AT LICHTENBURG 400

FERNANDO ALONSO AT LICHTENBURG 400

フェルナンド・アロンソとマルク・コマは、9月13日(金)と14日(土)にかけて南アフリカを舞台に行われたラリーレイド、「リヒテンバーグ400」にトヨタ・ハイラックスで出場し、2020年のダカールラリー参戦に向けて貴重な経験を重ねました。

アロンソとコマのスペイン人コンビは、ナミビアとポーランドでのテストセッションを順調に終え、南アフリカ・クロスカントリーシリーズの第5戦となる今大会で、ハイラックスによる初のラリーレイド実戦出場を果たしました。

13日(金)は10番手でスタートしたアロンソとコマは、前走車が巻き上げる砂埃に苦しめられながらも序盤からハイペースでの走行を続け、トップと32秒差の3番手タイムをマーク。

14日(土)、スタートから27km地点で転倒を喫し、フロントガラスを破損。これを取り除くための作業でタイムをロスしてしまいました。その後、2名はフロントガラスのないまま、最初のループセクション190kmの残りを走り続けました。砂埃の中で視界を確保すべくゴーグルをかけての走行となりましたが、良い区間タイムをマークするなど好走を見せました。

昼にTOYOTA GAZOO Racingのサービスへと戻って来たハイラックスは、フロントガラスを交換。限られた時間の中で車体のダメージ修復も行いました。イベント主催者の判断により、午後の2度目のループセクションは埃の少ない先頭でのスタートを切ることとなりました。

2度目のループセクションでは、スタートして5km地点で鳥が衝突して再びフロントガラスを破損。しかしアロンソとコマはこのような厳しい条件下でもドライブとナビゲーションを続け、190kmのセクションを走破。区間タイムでも速さを見せ、総合16位でフィニッシュしました。

フェルナンド・アロンソ
クルマに乗るたびに、常に何かを学び、どんどんハイラックスに馴染んでいます。残念ながら今日は我々にとって厳しい一日となってしまいました。午前中、我々は転倒でフロントガラスを破損してしまいました。それにより視界が悪化してしまったので、我々はフロントガラスを取り払いました。その後の走行はゴーグルをして、ほかの車両が巻き上げる砂埃の中を走ることとなりました。午後のループでは主催者が先頭でのスタートを許可してくれたので、クリアな視界で走行することが出来ました。数km走行したところで、フロントガラスに鳥が衝突して再びフロントガラスを破損してしまいました。その後は、200km近くの間、片手でフロントガラスを押さえ、もう片手でステアリングを握っての走行を強いられました。最高の一日だったとは言えませんが、ハイラックスで多くの距離を走破出来、今後の重要なレースへ向けて良い経験を積むことが出来ました。

マルク・コマ
昨日は好調だったのですが、今日はとても大変な一日でした。スタートは順調だったのですが転倒を喫してしまい、その後は走り切ることに専念しました。午後は更なる経験を積むために新しいフロントガラスを装着しましたが、数km走ったところで鳥が衝突し再びフロントガラスが破損しました。風と砂埃が車内に侵入し、最後まで走り切るのは本当に困難でした。フロントガラスを押さえながら、同時にナビゲーションも行うのは容易ではありませんでした。そんな状況でもフェルナンドと共に最後まで走り抜きました。今日我々は多くのトラブルに直面したにもかかわらず、長距離を走れたことは貴重な体験です。この経験の全てが我々にとって糧となるはずです。